Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 15日

PENTAX DA/FA Limited シリーズ

【Fuji Finepix F550EXRで撮影】
個性的な単焦点レンズといえば、PENTAX Limited シリーズ。このレンズを持っているとなぜか幸せなのである。別に高級なわけでもない。初心者が最初の単焦点として選んでも良い、リーズナブルな価格のレンズたち。FA Limited は原材料の高騰でとんでもなく値段が上がってしまったが、もともとはそんな高価なレンズではない。私は価格改定前の底値の時に全部買ったので、かなり安く揃えることが出来た。

FA Limited シリーズ。もともとフィルムカメラ用に開発されたので設計は10年以上前の古いものだし、描写もデジタル専用のようにカリカリではなく、ふんわりと柔らかい。ところがこれがいまだに大人気なのだ。なぜこのレンズに嵌るのか。それは実際に使えば一発で分かるでしょう・・・

左から FA77, FA31, FA43(カメラ装着)。FA43は自分の好みでモディファイしてある。こういうのもなかなか楽しいのだ。
d0212994_18372863.jpg


DA Limited シリーズ(黒)を加えたラインナップ。左から DA70, DA15, DA35macro, DA40, DA21。コロコロしていてかわいい奴らなのだ。
d0212994_18415964.jpg

「パンケーキレンズ」の代表格となった DA40mm F2.8 Limited。こんなに小さいのに、描写はかなりしっかりしている。FAシリーズとは味付けが異なり、DAはカリカリ描写で色のりが良く収差も少ない。逆光性能も高くておまけに超コンパクト。小さいけど頼もしい、そんなところが人気の秘密なのだろうか。子供の頃にミニカー集めに凝ったように、Limitedシリーズは集めて手許に置いておきたくなる。もちろん置いて眺めるだけでなく、使うのが前提だが。

考えてみたらこの8本のレンズ、自分の中では完全に使い分けが出来ているのだ。たとえば京都の祇園祭を撮りに行くときは、かならず DA40, DA21 を携行する。ときどきこれに DA10-17Fisheye というオモシロレンズをお供させる。一応保険のために標準ズームの DA★16-50/F2.8 も持って行ったりするのだが、たいていは DA40 と DA21 で事足りてしまう。とても便利なレンズなのだ。
d0212994_18445369.jpg

カメラは K-5。PENTAX は K10D 時代から使っているが、現行 K-5 で申し分ない高性能カメラになった。しかもコンパクト。

"K"& Limited は、私の願いを完璧に叶えてくれる魔法の小人たちだ。
d0212994_18544015.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-05-15 18:57 | レンズ


<< Canon 5D markII...      Canon 単焦点 >>