Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 11日

CarlZeiss Distagon T* 2.8/25 ZK テスト撮影

Zeiss の Distagon 25mm F2.8 と K-5 でのテスト。
このレンズの特徴は開放からキレキレのカミソリピント、そして前玉直近まで接近出来る広角マクロ撮影が可能なこと。フードを付けておかないと、うっかりすると被写体がレンズに当たってしまう。

でも絞り開放での描写は、ピントが薄すぎて実用的ではない。広角マクロ撮影では、若干絞って撮った方が良い。F5.6 までしぼってもそこそこボケてくれる。

F5.6
d0212994_13333416.jpg

F4
d0212994_13332411.jpg

F2.8での近接撮影。カバの目にピント。他は大きくボケる。
d0212994_13331473.jpg

これは長男が冗談で作った、次男坊の立体顔模型(?)
F2.8
d0212994_13325595.jpg

開放絞りで、ピント位置を変えながら撮影。いかにピントが薄いかが分かる。
d0212994_13324792.jpg

d0212994_13323888.jpg

広角マクロの例。これも開放絞りで。
d0212994_13322441.jpg

全体を撮るときは絞るべし。これはF5。
d0212994_13321434.jpg

F5.6だが、これだけは別のレンズで撮影( Sigma 18-125mm/F3.5-5.6)。Sigmaの安いズームでもこのくらい良好な描写をみせてくれる。ISO1000だが全くのノイズレス。K-5のセンサーがいかに優秀かが分かる。
d0212994_133217.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-09-11 13:34 | レンズ


<< Caotic OSAKA (...      関西ぼちぼち食べ歩き >>