Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 05日

PENTAX Q の 04 Toy-Lens Wide を試す

レンズキットと一緒に買っておいた 04 トイレンズ・ワイドは、MFのみで F7.1 固定だが、普通に使ってもまあまあな感じがする。
d0212994_12532833.jpg

d0212994_12534137.jpg


でも積極的に遊んでやらないと損な気がするので、カラーエフェクト「極彩」をかけて使ってみた。ほかにもエフェクト類が充実しているのが Q の特徴だが、カラーエフェクトやらカスタムカラーやらデジタルフィルターやら、やたらとあるのでワケが分からなくなってくる。まあ何でも良いから適当にやってみた。

パステルカラーの商品などをポップな色調で写すと良い感じだ。人気のアメリカ製トイデジ、Vivitar Vivicam 5050 みたいな雰囲気になる。
d0212994_12535332.jpg

d0212994_1254779.jpg

d0212994_12542044.jpg

d0212994_12543032.jpg

歪曲収差をカメラ側で修正せずに、わざと「レンズの味」として残してあるらしい。何となく魚眼ぽくて面白い。このレンズ以外にも魚眼レンズはあるのだが。
d0212994_12545150.jpg

d0212994_12552414.jpg

d0212994_12554259.jpg

周辺光量を落とし、ぼかし・中、トーンブレイクを適用すると、まさにトイカメラ的な写り。
d0212994_1385881.jpg


これは再生画面から適用出来る後がけのデジタルフィルター「水彩」。普通に撮っておいて、あとからフィルター処理する方が便利な気がする。
d0212994_12555891.jpg

d0212994_1256827.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-05 13:01 | レンズ


<< PowerShot G12 で...      たまには車の撮影も >>