Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 25日

FINEPIX X100 Black Limited Edition が来た

結局ミナピタ10%オフの通知は来なかったので、難波のキタムラに取りにいってきた。それでもミナピタカードの通常割引(5%)が適用されるので、多少は安い。永く使うつもりなので5年間保証にも加入した。

マットブラックのごつい外箱。これを開けると、さらに2段積みの化粧箱が出てくる。パッキングにもかなり気合いが入っている。
d0212994_1844991.jpg

世界限定10000台ということだが、意外にも若い番号のシリアルナンバー(930/10000)だった。
d0212994_185130.jpg

d0212994_1851268.jpg


シルバーモデルとはひと味違う、精悍な佇まい。見た目はクラシックだが、中身は最新鋭のテクノロジー満載というギャップが面白い。
d0212994_1852534.jpg

純正オプションの他にも色々とカスタマイズを施して、使いやすくした。
d0212994_1853791.jpg

液晶保護フィルムは使わず、ポリカーボネートのUN製LCDカバーを装着。
d0212994_1855227.jpg

HANSAのねじ込み式レリーズボタン、X100/X10専用のサムズアップ(親指置き)を装着。
d0212994_186283.jpg

押しにくいと評判(?)のOKボタンには、厚手のカーボンシートを紙パンチャーで切り抜き、貼り付けた。少し厚みが出たので十字キーと干渉することもなく、すんなり押せるようになった。
d0212994_1861788.jpg


純正フードに付属する巾着袋は何だか味気ないので、手持ちのジャンク品を物色。するとSONY製イヤホン付属のハードケースがぴったりだった。
d0212994_186298.jpg

d0212994_1864559.jpg

d0212994_187329.jpg

普段はフード入れに、フードを付けたときはレンズキャップを入れることにした。
d0212994_1871632.jpg


付属の純正メタルキャップ。
d0212994_1875881.jpg

持ち歩くときは紛失が怖いので、普段使いには汎用49mmプラキャップを付けることにした。
d0212994_1873586.jpg

GXR用ワイコンを 49→43 ステップダウンリング経由で付けてみたら、問題なく使えることが分かった。これ以外の手持ちのワイコンはAFが効かず、使えなかった。
d0212994_1874894.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-25 18:08 | カメラ


<< FINEPIX X100 BK...      【続】京都文化博物館 w/ G... >>