Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 09日

iOS5.1 アップデートで Safari の動作が改善した

今日、新しい iPad のリリースと同時に発表された iOS5.1 アップデート。これが出るのを待ちに待っていたのだ。自分が使っているのは初代 iPad だが、iOS4 → 5 にアップデートして以来、アプリが落ちまくるトラブルに辟易していた。これは自分の個体だけでなく、世界各国のユーザーがみな経験しているらしく、ネットで「iPad application down」で検索すると膨大な数のトラブル報告がヒットする。

とくにひどいのが Safari で、少し画像が多めのページを開こうとするだけで落ちる、落ちる。もう呆れるほど落ちまくるのだ。あまりにひどいのでサードパーティ製のブラウザもいくつか試したが、これも同様の状況下で落ちる。その他にも3Dグラフィックを多用するゲームなどもすぐに落ちる。ストレスはたまる一方だ。

どうやらシステムのメモリー・アロケーションの問題のようで、とりあえずの回避策はいくつかあるのだが、それも恒常的な効果はなく、こまめにアプリの使用履歴を消去したりリスタートをかけたりする必要があった。自分にとって iPad は「厄介なお荷物」と化しつつあったのだ。ユーザーは全くのお手上げ状態。システムレベルのアップデートがない限り、この「お荷物」と付き合い続けなければならない。もう iPad を使うのやめようかとまで思っていた矢先、アップルからのアナウンス。

今朝一番で iOS5.1 へのシステムアップデート情報を見て、即導入した。アップデートには小1時間ほどかかった。相当大きな改修が行われたようだ。早速 Safari を使ってみると、嘘のように治っている。画面のスクロールも以前より滑らかだし、今まで必ず落ちていたこのブログページも全くの問題なし。まだ安心はできないが、今のところ Safari が落ちるトラブルは改善されているようだ。
[PR]

by vision42 | 2012-03-09 10:12 | PC/Mac


<< Love YAYOI ! 〜...      X100 BK で街中スナップ >>