カテゴリ:未分類( 5 )


2011年 12月 18日

Fujifilm X-S1 の惜しい一点

d0212994_136629.jpg

Fujiのカメラは今まで HS10, HS20EXR, F550EXR と使ってきており、描写力には一目置いている。とくに内蔵フラッシュのきめ細かい制御や肌色の再現性は素晴らしく、フィルムシミュレーションモードを含め「絵作り」に関しては他社の追随を許さない。

とはいえハイエンドシリーズの X100, X10 には全く興味が向かず、店頭で弄っても魅力を感じなかったので購入には至らなかった。確かに良いカメラなのだが、どうも自分とは相性が合わないようだ。画質は良いが、デザインと操作性が気に食わない。それに中途半端な「高級感」の演出が却って貧乏くさく思えて仕方ない。それよりは安い F550 の方が値段相応のポップなデザインで潔いし、恰好いい。全体的な操作性も良いと感じる。自分がもしハイエンドを選ぶなら、思い切って Leica X1 にすると思う(といいつつ買っていないが)。

まぁそういうわけで X シリーズには縁がないなと思っていたところに、新しい X-S1 が発売された。当初はあまり注目していなかったのだが、店頭で実機を触って考えが変わった。中級一眼レフ機並みの大きさだが、手にした瞬間「これだ!」と思うほど、グリップ感が半端でなく良かった。手動ズームの動きも滑らかで剛性感がある。前方向に二段階にせり出すポップアップフラッシュのアイデアも素晴らしい。AFもコントラスト式とは思えないほど高速だ。これは欲しいぞ♪

ただ、店頭試写で少し納得のいかなかった点があったので、購入は保留となった。

気になった点の一つが、 AF-C の動作だ。本格的な切替レバーがあるので、一眼レフの位相差式 AF と同じようにシャッター半押し状態で AF フレーム内の被写体を次々追い続け、連写で AF 追従するものかと思っていたら、これが随分違うのだ。もしかしたら設定で変更出来るのかもしれないが、自分が確認した限りでは、レバーを AF-C にしておくとアイドリング時に AF を合わせ続けるが、シャッター半押しで AF が固定され、それ以上追従しなくなる。むろん連写での AF 追従は不可能だ。つまりこれは従来のコンデジに備わっている「プリ AF 」と同じで、単に AF 動作速度を補助するだけの意味しかないし、無駄に電池を消費するだけで何の役にも立たない。これなら HS20EXR にも付いているが、一度も使ったことがない。使い物にならないからだ。X-S1 は AF-S が非常に高速なので、プリ AF は必要ない。本来の AF-C の用途に使えない機能なんて、何の意味もない。

ちなみに手持ちの LUMIX FZ150 は、 RAW / JPEG のどちらでも、高速(5.5fps)での AF 追従連写が可能である。一眼レフと全く同じ動作をするのだ。しかもメカニカルシャッターの連写速度は AF 固定なら 12fps で、10fps の 1D markIV より速い。Fujiが誇るフラグシップの X-S1 が、機能面で安価な FZ150 より劣るというのはちょっと納得できない。X100, X10 とは異なりロングズームと一眼レベルの操作性を売りにするならば、当然超望遠で動体撮影をしたいユーザーが選ぶことを念頭に、本格的な AF-C と AF 追従連写機能くらいは搭載すべきだと思うのだが・・・
[PR]

by vision42 | 2011-12-18 13:00
2011年 12月 10日

Casio EXILIM EX-ZR100 の基本描写性能

ZR100 は、ひとことで言えば「誰が撮っても絶対失敗しない、超便利万能カメラ」。とにかく適当に撮っても実に良く写る。撮影者の技能の差を、電子技術による自動補正機能が全部カバーしてくれる。カメラというより、ハイテク光学記録装置だ。
d0212994_14305271.jpg

d0212994_1431049.jpg

普通なら空が白トビ、建物が黒潰れとなるが、通常HDRモードで撮れば簡単に見た目通りに写る。
d0212994_14311269.jpg

d0212994_14312131.jpg

色乗りや解像感も良好。
d0212994_14313010.jpg

d0212994_14314514.jpg

d0212994_14315494.jpg

d0212994_1432361.jpg


ワイ端(24mm相当)。
d0212994_143726100.jpg

テレ端(12.5倍 300mm相当)。
d0212994_14375136.jpg

テレ端+シングル超解像ズーム(18.8倍 450mm相当)。橋脚にカワセミが止まっているのが視認出来る。
d0212994_1438596.jpg


ワイ端。
d0212994_14382386.jpg

テレ端(12.5倍)。
d0212994_14383568.jpg

テレ端+シングル超解像ズーム(18.8倍)。
d0212994_14384884.jpg

テレ端+高速連写マルチ超解像ズーム(25倍)。フィルム換算600mmの焦点距離になる。これは凄いと思う。等倍で見ると輪郭が怪しいが、全体リサイズなら充分実用的。
d0212994_1439697.jpg


通常描写(暗部補正オフ)。
d0212994_14393822.jpg

通常描写(暗部補正オン)。これだけでも相当効果がある。
d0212994_1439588.jpg

ノーマルHDRモードによるDレンジ補正。
d0212994_14416100.jpg

HDR Art レベル1。
d0212994_14412244.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-10 14:32
2011年 09月 23日

FZ150テスト撮影

とりあえず自宅でFZ150のテスト撮影。メーカーのチューニングを調べるため、カメラお任せのフルオートで撮影。リサイズのみでレタッチなし。RAW撮影は行わず、すべてJPEG。撮影情報はいちいち記載するのが面倒なので、DLしてEXIFで確認してもらいたい。

静物の描写4点。
 
 

屋外での描写。オートだとややハイキー、色味も白っぽいので、PモードでWB晴天、露出-0.7補正するとバランスが良くなるだろう。
 

Pモードでの高感度比較。これに一番興味がある。
左:ISO400、右:ISO800。これくらいまでなら常用可能。
 

左:ISO1600、右:ISO3200。1600まで許容範囲。3200も場合によっては可。
左右で色味が若干違うのは、手持ち撮影のため、構図のわずかな変化に伴うAWBの誤差に起因するものだろう。WB固定で撮影すれば問題は生じないと思う。高感度でも彩度はよく保たれている。
 

ISO3200画像の中央付近を等倍で切り出し、Lightroom 3 でノイズ除去をかけてみた。
左:ノイズ除去前(ISO3200)、右:ノイズ除去後(ISO3200)。
ディティールは若干甘くなるが、まあまあ見られるレベルにはなる。できれば RAW 撮りでレタッチする方が綺麗に仕上がると思う。
 

ノイズ除去後の全体リサイズ(ISO3200)。ブログ投稿用なら充分OKというレベル。
d0212994_16585060.jpg


全体の傾向として、従来のパナ特有の派手目の発色は抑えられ、オートでもナチュラルな発色になった。もちろん従来通りカスタムカラー調整で鮮やかな色調にすることも可能。

意外にも低感度画質はFZ38よりバランスが良い印象。高感度に至っては、4年前の DSLR と肩を並べる画質。これは驚きだ。かつて所有していた PENTAX K100D super という、2007年当時は「高感度番長」みたいだったデジタル一眼よりも、FZ150 の方が上品でクリア。それは ISO800-1600 で顕著、ISO3200 ではむしろ K100D super を凌駕している。う〜む、コンデジ界も凄いことになってきたなぁ・・・このカメラ、かなりの人気を博しそうな気がする。
[PR]

by vision42 | 2011-09-23 15:47
2011年 05月 23日

Ulysses の GXR 用ボディジャケット2種

ユリシーズの GXR 用ボディジャケットを買った。最初に A12 ユニット専用のものがリリースされ、気に入って使っていたが、最近になって S10 / A12 ユニット共用タイプのものが出たので追加購入。チョコ色のが A12 専用、黒が共用タイプ。ストラップも同系色のもので揃えた。ボディジャケットと同素材・同色のクラシコ・ピッコロというのを付けた。ジャケット・ストラップともに上質のイタリアンレザー。並の牛革とは全然質感が違う。手に持ったときのざらっとした感触がなかなか良い。滑り止め効果も高いように思う。

ボディは2台ある。レンズユニットは4本全部揃えてしまった。ボディジャケットのフィッティングはなかなかのものだ。5つのスナップボタンを外してジャケットを脱着するのだが、ジャケット全体が前後にパカッと割れるように開くので、ボディやレンズユニットの出し入れは思ったよりも快適だ。純正革ケースよりはるかに作業性は良い。レンズユニットをボディジャケットに残したまま、カメラボディだけを抜き差しするという使い方ならストレスは少ない。
d0212994_231616100.jpg

共用タイプのものは、ユニットによってレンズ鏡胴の位置が違うために、S10 ユニット装着時には三日月型の隙間が生じるらしい。でも黒色を選択したので隙間は案外目立たない。
d0212994_2316398.jpg

裏側はこうなっている。円形キーの上側がカバーにかかって押しにくいが、若干柔軟性があるので当該部分をじわじわ上方向に伸ばしてやると、フィッティングが良くなる。
d0212994_23165451.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-05-23 23:14
2010年 12月 06日

test

test1
d0212994_10514591.jpg


test2
d0212994_10523185.jpg

[PR]

by vision42 | 2010-12-06 10:53