Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レンズ( 21 )


2012年 02月 26日

X100 ノーマル vs ワイコン描写比較

手持ちのワイコンの中で X100 との組み合わせで唯一AFが効くのが RICOH GXR 用の DW-6 (x0.79)。 49→43mmステップダウンリング経由で装着する。
他にも Raynox, Olympus, トダ精光のワイコンや魚眼があるが、いずれも通常モードのAFは効かない(ピント調整範囲を超えてしまう)。ただしマクロモードにするとAFが使え、合焦速度は遅いが普通に撮影出来る。
d0212994_1283316.jpg

とりあえず近・中・遠景でノーマル(35mm)とワイコン装着(28mm)の描写を比較してみた。

まずは近景ノーマル
d0212994_12113556.jpg

近景ワイコン装着
d0212994_1212079.jpg

全体リサイズでは画質の差はあまり感じられない。室内で広い範囲を撮りたいときに、ワイコンは緊急用としてまあまあ使える画質だと思う。

中景ノーマル
d0212994_12133882.jpg

中景ワイコン装着
d0212994_1214381.jpg

ワイコン仕様で周辺部の甘さと流れが目立つ。

遠景ノーマル
d0212994_12145036.jpg

遠景ワイコン装着
d0212994_1215111.jpg

遠景も周辺部は甘いが、中央部は解像しているように見える。しかし・・・
ピント位置を等倍に拡大して検分すると、明らかな差が!

等倍比較(左ノーマル・右ワイコン)
d0212994_12124038.jpg

d0212994_12152773.jpg

d0212994_12153811.jpg


う〜ん、これは厳しい。画質を追求するならワイコンは不可。ただし記録用としては充分使える。全体リサイズもしくはA4までのプリント用途なら、まぁ許容範囲かなぁ・・・

28mm以下の広角撮影で高画質が欲しい場合は、X100で無理せずに GXR / GR Digital とワイコンを素直に使うのが吉、ということか。
[PR]

by vision42 | 2012-02-26 12:15 | レンズ
2012年 02月 03日

GR Digital III に魚眼コンバーターを付けてみる

Raynox HDP-2800ES 魚眼コンバーターレンズの適合表を見ると、RICOH デジタルカメラとのマッチングは保証されているようだ。52→52延長リングを装着すると周辺解像度がさらに向上すると書いてあるが、リングなしでも周辺描写は良いと思う。LUMIX GX1 より RICOH GRDIII / GXR+S10 の方が描写性能は明らかに良い。

GRDIII + 純正レンズアダプター(43mm径)に魚眼コンバーターに取り付けて撮影。GRDIII は単焦点デジカメだが、オートリサイズズーム(トリミングズーム)機能を使えば画質を劣化させることなく擬似的にズーム操作(実際には周辺部を段階的にトリミングしているだけ)が可能だ。1段ズームイン(×1.2)するとケラレは解消する。試写例はすべて最広角。

アップした画像は延長リングなし(単に付け忘れただけ)のものだが、これでも充分な気がする。
雑然とした自分の作業場を撮ってみた。180度の画角になる。ケラレ部分はトリミングせずにわざと残した。この方が魚眼レンズらしい味わいがある。
d0212994_045262.jpg

d0212994_0451331.jpg

d0212994_0452396.jpg

d0212994_0453411.jpg

d0212994_0454828.jpg

d0212994_046168.jpg

d0212994_0461083.jpg

d0212994_0462128.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-03 00:46 | レンズ
2012年 01月 29日

対角魚眼コンバーターレンズ(Raynox HDP-2800ES)

ヨドバシのポイント交換でゲットした魚眼コンバーターレンズ、レイノックス HDP-2800ES。他にもトダ精光などから同様の製品が出ているが、画質的にはレイノックスの方が良いらしい。これは一眼用標準ズームレンズに装着することを前提として設計されているので、x5までならAFも問題なく効くらしい。ステップアップリングを使えばほとんどのレンズ口径に適合させることが出来る。
d0212994_18553096.jpg

LUMIX GX1 & G14mmF2.5 に装着した。46→52mm ステップアップリング経由で接続するのだが、写真ではレイノックスのオプション品である 52→52mm 延長リングを噛ませてある。これを付けると周辺部画質が向上するらしい。
d0212994_1855471.jpg

同梱の 37→52mm アダプターで LUMIX X PZ 電動ズームレンズにも装着出来るのだが、前玉が極端に重いため鏡胴への負担が気になるので、広角単焦点とコンビで使うことにした。
d0212994_18561343.jpg

見た目はなかなか迫力のある風情になる。
d0212994_18562389.jpg


室内で試写。まずはノーマル 14mm (フィルム換算 28mm )で接写。
d0212994_18563576.jpg

Fisheye Converter 装着(延長リングなし)。被写体がレンズに接触するぎりぎりまで寄れる。
もちろん AF も普通以上の機敏さで合焦する。対角魚眼なので、180°の領域が圧縮されて写る。
d0212994_18564785.jpg

52→52mm 延長リングを装着。確かに、若干ではあるが周辺部の流れが改善されている。
d0212994_18565772.jpg

レンズによるケラレをトリミングで削ると、画質の悪い周辺部も一緒に削られるので見栄えは良くなる。
d0212994_1857629.jpg


壁から2mほど離れて室内を写してみる。
d0212994_18572671.jpg

撮影距離1m。延長リング有り。
d0212994_18574116.jpg

同条件で延長リング無しの写りを比較してみる。
時計の文字盤を見比べると、やはり延長リング有りの方が描写が安定している。
d0212994_1857501.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-01-29 18:57 | レンズ
2012年 01月 29日

Voigtlaender Ultra Wide-Heliar 12mm/F5.6

去年購入した Super Wide-Heliar 15mm に続いて、超広角の Ultra Wide-Heliar 12mm/F5.6 の中古品を購入した。新品は品薄のため入手困難なのだ。時々立ち寄るカメラ店を覗いてみたら、ラッキーなことに UWH12mm の中古品が存在した。金属フードの縁にわずかな塗装欠けがあるだけで、それ以外は綺麗だ。もちろんレンズ面は全く問題なし。49,800円で購入。新品の値段が7万円前後であることを考えると、まあまあリーズナブルな値付けだ。
d0212994_11412299.jpg

d0212994_11413658.jpg

縁の塗装欠けは、自動車補修用のカラーパテ(黒)を薄く塗って整形したら、ほとんど分からなくなっった。
d0212994_11414646.jpg



購入時にカメラ店で GXR に装着して試写した写真。歪曲収差を極限まで排したレンズ設計のおかげで、直線がビシッと真っ直ぐに写る。
d0212994_11421055.jpg

先斗町歌舞練場。狭い路地のような通路では「引き」が難しいので、超広角レンズは重宝する。

被写界深度が深いので、1.5m 以上離れるとパンフォーカスとなるので、ピント合わせはほとんど必要ない。最短距離で撮る時だけじっくり合わせる必要があるが、スナップショットの場合はレンズの距離指標を目安に合わせておけば事足りる。試した限りでは、距離目盛を2mに合わせておけば、ほとんどの被写体に対応できるようだ。
d0212994_11423572.jpg

逆光では盛大なゴーストとフレアが発生するが、これも表現のうちと思えばなかなか面白い。
d0212994_11424931.jpg

左手を軽くかざしてハレ切りしてやれば、くっきりと写る
d0212994_11425950.jpg

d0212994_11431467.jpg

d0212994_11432518.jpg


d0212994_11434395.jpg

d0212994_11441142.jpg

d0212994_11443949.jpg

d0212994_11451371.jpg

d0212994_11453560.jpg

d0212994_11455178.jpg


d0212994_11461082.jpg

d0212994_11462966.jpg


d0212994_11465611.jpg

d0212994_1147994.jpg

d0212994_1147257.jpg


d0212994_1147422.jpg

d0212994_1148320.jpg

d0212994_11482567.jpg

d0212994_11484515.jpg

d0212994_11485741.jpg

d0212994_11491145.jpg


CX4で
d0212994_11523484.jpg

d0212994_11524611.jpg

d0212994_11525951.jpg

d0212994_11531312.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-01-29 11:49 | レンズ
2012年 01月 01日

新春の初買物は

近所のショッピングセンターは1日から営業していた。書籍コーナーでふと目に留まったのがこれ。
カメラ雑誌は普段あまり買わない方だが、今回はデジタルカメラマガジンの特集が気に入った。
d0212994_15454359.jpg

1つ目はこれ。トキナーの広角ズームレンズ特集。使った人でないと分からない、トキナーレンズの優秀さ。
Canon Lズームも所有しているが、描写力だけでいえばトキナーの方が確実に上だ。
d0212994_15455321.jpg

2つ目は RICOH GXR Mount A12 特集。タイ洪水の影響で供給不足が続いている。
少数入荷するとたちまち完売してしまうという。事実、自分も入手するのに1ヶ月ほど待たされた。
d0212994_154638.jpg

オマケのカレンダー。青色が気に入った。
d0212994_15461287.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-01-01 15:52 | レンズ
2011年 11月 21日

Voigtlaender Super Wide-Heliar 15mm/F4.5

もともとこの VM マウントの Voigtlaender Super Wide-Heliar 15mm が欲しくて発注をかけていたのだが、数ヶ月経っても音沙汰なし。メーカー長期在庫切れ状態で、再生産はいつになるか不明。どうやら GXR MOUNT A12 が発売された直後にこのレンズが飛ぶように売れてしまったらしく、今ではかなりのレア品になっている。もう入手は無理かも知れないなぁ。
d0212994_23385129.jpg


・・・と思っていた矢先、行きつけのカメラ店で同じレンズの L マウント仕様の新品を発見。しかも好みのシルバー色。これは買うしかないでしょう。GXRには L-M アダプターリングを介して装着した。L マウントはねじ込み式なので、レンズが正位置でぴったり止まらない場合がある。このレンズは L マウントのカメラに付けると15度ほど傾いて何とも間抜けな風情になるので有名(?)だが、L-Mリングを介して M マウントボディに装着すると、どういうわけかぴったり正位置で止まる。嬉しい誤算だ。
d0212994_23352170.jpg

レンズもフードも小振りでGXRのコンパクトなボディによくマッチする。
d0212994_23353471.jpg

もともとレンジファインダー用なので外部ファインダーが付属してくる。GXRには不必要だが、付けると何となくお洒落な気がする。
d0212994_23354374.jpg

M マウントレンズも充実してきた。これで 15/21/35mm が揃った。広角〜標準域は Voigtlaender で、中望遠域は LM-PK アダプターを介して PENTAX FA43/FA50/FA77/DFA100 などが使えるので、これ以上買い足さなくて済む。今回 15mm が加わったので建物や風景撮りに重宝しそうだ。
d0212994_23355354.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-21 23:36 | レンズ
2011年 11月 20日

PENTAX A50mm F1.2 (with K-5)

PENTAX 史上最も明るいレンズと言われた A50mm/F1.2 。リファレンス・レンズとして工業用検査機器にも使用されていたらしい。今ではディスコン品だが、京都ヨドバシでは8万オーバーのプライスタグが付けられた A50/1.2 がガラス棚の隅に鎮座している。

自分は昔に中古美品を3万円ほどで入手したので、かなりラッキーだった。昔所有していた A28mm/F2 同様、中古市場で見かけることはほとんどなく、出てもすぐに売れてしまうレア品らしい。まぁ、そんなことはどうでも良い。写りの良いレンズなら何でも大歓迎だ。写真では UN製のメタルフードを装着している。
d0212994_10235992.jpg

フィルム時代のマニュアルレンズとはいえ、デジタルでもかなり使える印象だ。絞り開放ではさすがにシビアで使いこなしが難しいが、2段以上絞ればキリリと引き締まった描写を披露してくれる。
d0212994_10241193.jpg


絞り値ごとの描写の変化。自分の腕時計を被写体に、撮影最短距離(45cm)で撮影。ピントは最短固定で、身体をわずかに前後に動かしてピント位置を文字盤に持って行った。それでも文字盤中央にピントを持って行くのは至難の業で、このサンプルでも微妙にリング部分にずれたりしている。

F1.2 
どこにピントが来ているのか分からないくらい、ピント面は激薄だ。全体にフレアーがかってコントラストも低い。
d0212994_10272149.jpg

F2.0
これくらいから像が安定してくる。各種収差も抑え込まれ、クリアになってくる。リファレンス・レンズの面目躍如だ。
d0212994_10273489.jpg

F2.8
日差しが強くなってきたこともあるが、エッジもコントラストも良好。ブツ撮りは基本これくらいの絞り値からが適正だろう。
d0212994_1027441.jpg

F4
ピントがリングの「20」の位置に行ってしまっている。文字盤が不鮮明なのは自分の失敗。しかし指輪などの小物類なら全体がすっぽり被写界深度に入ってくる。商品のカタログ写真などは F4-5.6 くらいが良いだろう。
d0212994_10275552.jpg


F1.2 ここから3枚は全部ピント合わせ失敗。老眼だけのせいには出来ないなぁ・・・
d0212994_10245021.jpg

F2.8
d0212994_1025354.jpg

F4
d0212994_10251290.jpg


気を取り直してライブビューの拡大機能を使ってシビアに追い込んだ。
F1.2 近景
d0212994_10255742.jpg

F1.2 一歩下がって撮る。まあまあかな。
d0212994_10261285.jpg

F2 これもOK。マクロ撮りでなければ、さほど神経質にならなくても使える印象だ。
d0212994_10262026.jpg


猫のアップ。これも細心の注意を払ってライブビューで撮影。
F1.2 鼻のあたりにピント。全体に柔らかな印象になるので、小動物や子供を撮るには案外良いかもしれない。
d0212994_10263796.jpg

F2 これくらいが安心して撮れるし、絵も破綻しにくい。
d0212994_1026538.jpg


同じ焦点域では最新の DA★55mm/F1.4 SDM も気になるところだ。こちらは F1.4 開放からきちんと解像するらしいから凄い。そのうち入手して撮り比べてみるか・・・
[PR]

by vision42 | 2011-11-20 10:28 | レンズ
2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm Di II VC PZD の AF 微調整

帰宅して早速AF微調整を行った。予想通り前ピンだったので、ピント位置を+5に調整したらジャスピンになった。今までこの機能を使ったことがなかったのだが、メーカーにピント調整に出す必要がなくなるので大変重宝する。
d0212994_21393722.jpg

テスト撮影。100m先の照明塔を270mmテレ端(F8)で撮影。
d0212994_21462050.jpg

F値を変えながら撮影したものを等倍クロップ。これは絞り開放のF6.3。
使えなくもないが、エッジがソフトでコントラストも若干低め。しかし全体にボケているのではなく芯がしっかりあるので、ピント自体はきっちり来ているようだ。
d0212994_21465813.jpg

F8の描写。ばっちり解像し、コントラストも上がっている。
1/3段絞ったF7.1ですでに像は安定しており、F8で最も良くなるようだ。
d0212994_21471845.jpg

F11まで絞り込むと、小絞りボケで却って解像度は低下する。これ以上絞っても結果は同じ。
d0212994_21473093.jpg


場所を変えて焦点域ごとの解像度を確認する。絞りはF8固定。撮影距離は地図上で約70m。
18mmワイ端。
d0212994_21533411.jpg

ズーム中間域の100mm前後。
d0212994_21534847.jpg

270mmテレ端。
d0212994_2154378.jpg


テレ端の等倍クロップ比較。
絞り開放のF6.3。細部はやはり甘め。全体リサイズなら問題なしだが、シビアに追い込むなら少し絞って撮るべし。
d0212994_21575584.jpg

F8だと解像度が上がる。自販機の「ブレんなよ!」の文字が読みやすい。もちろん手ぶれ補正オンなのでブレません。
d0212994_215894.jpg


ビネッティングの様子。ワイ端、絞り開放 (F3.5) では若干の周辺光量低下が見られる。
d0212994_21582653.jpg

F5 まで絞ればほぼ問題ないレベルにまで改善する。F8でビネッティングは完全に消失する。
d0212994_2158451.jpg


上と同じ構図でテレ端までズーム。撮影距離は地図上で約200m。
なかなか良く写るようになった。これは使えそうなレンズだ。
d0212994_2159493.jpg

d0212994_21591559.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:50 | レンズ
2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD テスト

リニューアルしてコンパクト化、高性能化を果たした Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)。15倍という高倍率と、ピエゾモーターを使ったAFが目玉だ。高倍率ズームズムレンズは、以前 PENTAX K10D に付けていた DA18-250mm(売却済み)というレンズを良く使っていた。これは Tamron から PENTAX に OEM 供給されていたレンズで、中身は Tamron 18-250mm そのものである。現在はディスコンとなっており、現行の PENTAX 用高倍率ズームレンズは Sigma 18-250mm OS HSM しか存在しない。

自分はどうしても新しい Tamron B008 を使ってみたかったので、結局 Canon 7D 用として購入した。従来モデルより小型化され、ピエゾ素子を使ったモーターによる静かで高速な AF、効きの大きい手ぶれ補正 VC に期待していた。7D用には標準ズームとして Tamron 17-50mm/F2.8 という極めて優れたハイコストパフォーマンスレンズを持っていたので、高倍率ズームも迷わず Tamron 指名買いだった。
d0212994_2154933.jpg

大柄なボディの7Dには旧型の大きな鏡胴の方が重量バランス的にマッチするように感じるのだが、小型軽量化された新型を好む人の方が多いようだ。フードを付けるとそれなりに見栄えがする。
d0212994_2161561.jpg

AFは爆速ではないが、無音でススッと小気味良く合う。PENTAX レンズの SDM(超音波モーター) の動作に似ている。さすがに Canon EF70-200mm/F2.8 のリング USM のような爆速AFと比べると動作速度は劣るが、実用上不満はない。
d0212994_2162743.jpg


試しに色々試写してみたが、どうも描写がおかしい。全体にもっさりした感じでエッジが甘い。
アオサギの羽毛は全く解像していない。これでは安物のコンデジ並だ。
アオサギの頭にこんなツノみたいな羽毛って、あったっけ?
d0212994_2116034.jpg

遠景だと一見シャープに見えるが、等倍表示するとピントがどこにも合っていないようだ。
d0212994_21161732.jpg

近景だとさらに顕著で、葉脈が解像されていないのが分かる。
d0212994_21165075.jpg

ズーム域の広さはかなり便利だ。これは遠景を望遠で撮り、圧縮効果を狙った。
d0212994_2117289.jpg

看板も等倍でチェックすると細部が甘い。もしかして自分の評価がシビアすぎるのか? 所詮便利ズームだから画質を期待するのは酷な話か?
d0212994_21172096.jpg

それでもまあまあ解像している写真もある。う〜む、不思議だ。
d0212994_211732100.jpg

紅葉も何枚か撮ると、3枚に1枚くらいはまあまあシャープな画像が得られるが、どうも不安定だ。
d0212994_21174935.jpg

極めつけはこの写真。ピントは来ないが、これでピンときた(笑)。このレンズはわずかにピンズレしているのだ。
d0212994_2118950.jpg

確認のために夜景も撮ってみる。やはり細部はかなり甘い。おそらく前ピン状態だろう。そうと分かれば話は早い。7DにはAFマイクロアジャストメント機能があり、ボディを一括調整またはレンズ毎に個別調整することが可能だ。
d0212994_2118458.jpg

d0212994_2119869.jpg

d0212994_21192679.jpg

d0212994_21194062.jpg

AF微調整の結果は次のブログにて・・・
果たしてバチピンのキレキレ描写をモノにすることは出来るのか?
[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:20 | レンズ
2011年 11月 05日

PENTAX Q の 04 Toy-Lens Wide を試す

レンズキットと一緒に買っておいた 04 トイレンズ・ワイドは、MFのみで F7.1 固定だが、普通に使ってもまあまあな感じがする。
d0212994_12532833.jpg

d0212994_12534137.jpg


でも積極的に遊んでやらないと損な気がするので、カラーエフェクト「極彩」をかけて使ってみた。ほかにもエフェクト類が充実しているのが Q の特徴だが、カラーエフェクトやらカスタムカラーやらデジタルフィルターやら、やたらとあるのでワケが分からなくなってくる。まあ何でも良いから適当にやってみた。

パステルカラーの商品などをポップな色調で写すと良い感じだ。人気のアメリカ製トイデジ、Vivitar Vivicam 5050 みたいな雰囲気になる。
d0212994_12535332.jpg

d0212994_1254779.jpg

d0212994_12542044.jpg

d0212994_12543032.jpg

歪曲収差をカメラ側で修正せずに、わざと「レンズの味」として残してあるらしい。何となく魚眼ぽくて面白い。このレンズ以外にも魚眼レンズはあるのだが。
d0212994_12545150.jpg

d0212994_12552414.jpg

d0212994_12554259.jpg

周辺光量を落とし、ぼかし・中、トーンブレイクを適用すると、まさにトイカメラ的な写り。
d0212994_1385881.jpg


これは再生画面から適用出来る後がけのデジタルフィルター「水彩」。普通に撮っておいて、あとからフィルター処理する方が便利な気がする。
d0212994_12555891.jpg

d0212994_1256827.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-05 13:01 | レンズ