<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

X100 ノーマル vs ワイコン描写比較

手持ちのワイコンの中で X100 との組み合わせで唯一AFが効くのが RICOH GXR 用の DW-6 (x0.79)。 49→43mmステップダウンリング経由で装着する。
他にも Raynox, Olympus, トダ精光のワイコンや魚眼があるが、いずれも通常モードのAFは効かない(ピント調整範囲を超えてしまう)。ただしマクロモードにするとAFが使え、合焦速度は遅いが普通に撮影出来る。
d0212994_1283316.jpg

とりあえず近・中・遠景でノーマル(35mm)とワイコン装着(28mm)の描写を比較してみた。

まずは近景ノーマル
d0212994_12113556.jpg

近景ワイコン装着
d0212994_1212079.jpg

全体リサイズでは画質の差はあまり感じられない。室内で広い範囲を撮りたいときに、ワイコンは緊急用としてまあまあ使える画質だと思う。

中景ノーマル
d0212994_12133882.jpg

中景ワイコン装着
d0212994_1214381.jpg

ワイコン仕様で周辺部の甘さと流れが目立つ。

遠景ノーマル
d0212994_12145036.jpg

遠景ワイコン装着
d0212994_1215111.jpg

遠景も周辺部は甘いが、中央部は解像しているように見える。しかし・・・
ピント位置を等倍に拡大して検分すると、明らかな差が!

等倍比較(左ノーマル・右ワイコン)
d0212994_12124038.jpg

d0212994_12152773.jpg

d0212994_12153811.jpg


う〜ん、これは厳しい。画質を追求するならワイコンは不可。ただし記録用としては充分使える。全体リサイズもしくはA4までのプリント用途なら、まぁ許容範囲かなぁ・・・

28mm以下の広角撮影で高画質が欲しい場合は、X100で無理せずに GXR / GR Digital とワイコンを素直に使うのが吉、ということか。
[PR]

by vision42 | 2012-02-26 12:15 | レンズ
2012年 02月 25日

FINEPIX X100 BK とりあえず試写

F2
d0212994_21335992.jpg

F2
d0212994_21341655.jpg

F4
d0212994_21342796.jpg

F2
d0212994_21344051.jpg

F2
d0212994_21344996.jpg

F4
d0212994_2135040.jpg

F4
d0212994_21351021.jpg

F4
d0212994_21352313.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-25 21:35 | カメラ
2012年 02月 25日

FINEPIX X100 Black Limited Edition が来た

結局ミナピタ10%オフの通知は来なかったので、難波のキタムラに取りにいってきた。それでもミナピタカードの通常割引(5%)が適用されるので、多少は安い。永く使うつもりなので5年間保証にも加入した。

マットブラックのごつい外箱。これを開けると、さらに2段積みの化粧箱が出てくる。パッキングにもかなり気合いが入っている。
d0212994_1844991.jpg

世界限定10000台ということだが、意外にも若い番号のシリアルナンバー(930/10000)だった。
d0212994_185130.jpg

d0212994_1851268.jpg


シルバーモデルとはひと味違う、精悍な佇まい。見た目はクラシックだが、中身は最新鋭のテクノロジー満載というギャップが面白い。
d0212994_1852534.jpg

純正オプションの他にも色々とカスタマイズを施して、使いやすくした。
d0212994_1853791.jpg

液晶保護フィルムは使わず、ポリカーボネートのUN製LCDカバーを装着。
d0212994_1855227.jpg

HANSAのねじ込み式レリーズボタン、X100/X10専用のサムズアップ(親指置き)を装着。
d0212994_186283.jpg

押しにくいと評判(?)のOKボタンには、厚手のカーボンシートを紙パンチャーで切り抜き、貼り付けた。少し厚みが出たので十字キーと干渉することもなく、すんなり押せるようになった。
d0212994_1861788.jpg


純正フードに付属する巾着袋は何だか味気ないので、手持ちのジャンク品を物色。するとSONY製イヤホン付属のハードケースがぴったりだった。
d0212994_186298.jpg

d0212994_1864559.jpg

d0212994_187329.jpg

普段はフード入れに、フードを付けたときはレンズキャップを入れることにした。
d0212994_1871632.jpg


付属の純正メタルキャップ。
d0212994_1875881.jpg

持ち歩くときは紛失が怖いので、普段使いには汎用49mmプラキャップを付けることにした。
d0212994_1873586.jpg

GXR用ワイコンを 49→43 ステップダウンリング経由で付けてみたら、問題なく使えることが分かった。これ以外の手持ちのワイコンはAFが効かず、使えなかった。
d0212994_1874894.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-25 18:08 | カメラ
2012年 02月 24日

【続】京都文化博物館 w/ GR Digital III

博物館を後にする。
d0212994_1443134.jpg

お隣の中京郵便局舎。こちらも現役使用中の歴史的建造物。
d0212994_1444329.jpg

みずほ銀行中京支店。
d0212994_145146.jpg

d0212994_1451120.jpg


その並びにある韓国風喫茶店で休憩。
d0212994_1453080.jpg

d0212994_1454275.jpg

d0212994_145553.jpg

何ともいえないくつろぎ感が嬉しい。コーヒーを飲みながら足を休める。
d0212994_146824.jpg

d0212994_1462272.jpg

d0212994_146389.jpg

d0212994_1465472.jpg

d0212994_1471175.jpg

今やザウルスに代わって自分専用秘書と化したスマートブック au IS01 。
このタイプのラップトップ型は後継機が出ないので、ずっと使い続けるつもりだ。
メール、スケジュール、ブログ、メモ帳、ゲームと大活躍中。
d0212994_1472876.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-24 14:07 | 風景・建物
2012年 02月 24日

京都文化博物館 w/ GR Digital III

ヨーロッパの街並みみたいだが、一応京都の街中。
d0212994_13501811.jpg

昼食を老舗の丁字屋でとる。
d0212994_135030100.jpg

d0212994_1352342.jpg

昼時を過ぎていたので客もまばら。意外にくつろげる。
d0212994_13505194.jpg

d0212994_13511023.jpg

定食メニューがなかなかいける。
d0212994_1351247.jpg

d0212994_13513552.jpg

ホテル・ギンモンドの角を曲がって・・・
d0212994_13525971.jpg

京都文化博物館へ。館内にも店が色々ある。
d0212994_13531671.jpg

d0212994_1353329.jpg

この日は地元デザイン系大学の卒業制作展をやっていた。
d0212994_13535383.jpg

d0212994_1354826.jpg

d0212994_13542356.jpg

d0212994_13544290.jpg

d0212994_13545864.jpg

d0212994_13551470.jpg

d0212994_13553596.jpg

d0212994_13554697.jpg

上の階では大学院の修了制作展。
d0212994_13561813.jpg

d0212994_13563096.jpg

d0212994_13565189.jpg

d0212994_1357372.jpg

博物館中庭。まゆまろ君がお出迎え。
d0212994_13572344.jpg

d0212994_13573932.jpg

d0212994_13575349.jpg

本館では大学院(建築系)の修了制作展。作品も興味深かったが、
それ以上にこの建物の雰囲気の良さが印象に残った。100年を超える歴史的建造物。
d0212994_13581112.jpg

d0212994_13582516.jpg

d0212994_13583863.jpg

d0212994_13585425.jpg

d0212994_13591588.jpg

d0212994_13593295.jpg

d0212994_1405757.jpg

d0212994_1411699.jpg

d0212994_1414141.jpg

d0212994_142575.jpg


d0212994_13595275.jpg

d0212994_140786.jpg

d0212994_1403183.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-24 14:02 | 風景・建物
2012年 02月 24日

Fujifilm X100 Black Limited Edition

個人的にちょっとした(良い)変化があったので、自分への記念として買うことにした Fujifilm FINEPIX X100 Black Limited Edition 。世界限定1万台(国内ではすでに完売)ということで、記念の品としても丁度良い。

一応発売前にキタムラに予約を入れてあったので、現物は確保してある。あとは店舗に受け取りに行くだけなのだが、まだ行けていない。
d0212994_1165510.jpg

シルバーのモデルにはあまり関心がなかったが、このブラックはすこぶる良い。ライカ M9 を強く意識したデザインだが、フジ独特のアイデア満載のカメラで面白そうだ。初期ロットで散見されたトラブルも改善されているようだし、遅いといわれているレスポンスも、ライカに比べればマシな方なので充分許容範囲内。
d0212994_117470.jpg

実はミナピタカード10%オフのセールを狙っているのだが、通知がまだ来ない。キタムラでの取り置き期限までにセールがあればそれを狙うが、もしなければ通常のミナピタカード5%オフでの購入となる。まあどちらでも良いのだが、安いに越したことはない。

永く手許に残しておきたいカメラなので、今回は5年間の延長保証に入っておこうと思う。
[PR]

by vision42 | 2012-02-24 11:16 | カメラ
2012年 02月 12日

京都・伏見港〜寺田屋巡り

Camera: Canon 1D markIV
Lens: Tokina 16-28mm F2.8 / Canon EF24-70mm F2.8 USM

今回は RAW+JPEG で撮影した。5DII とは異なり、 1DmkIV の色再現性はきわめて優秀なので、通常場面では RAW の必要性を感じないのだが、明暗差の激しいシーンでは諧調再現性の高い RAW 必須となる。

まずはお気に入りの Tokina 16-28mm/F2.8 で撮影。逆光ではゴーストが盛大に出るが、角度を変えてやると緩和することは可能だ。この写真では中央部にゴーストが出ているが、比較的目立たない。
伏見港。江戸時代までは水上交通の要衝だった。
d0212994_21212026.jpg

d0212994_21214072.jpg

まるで C-PL フィルターを付けたような、綺麗な青空が撮れるのはこのレンズの美点。
d0212994_21215194.jpg

d0212994_21221912.jpg

d0212994_21223653.jpg

d0212994_21225347.jpg

橋の下に休憩用の腰掛けが作り付けられている。
桜のシーズンになると、この狭い遊歩道も露店と客でごったがえす。
d0212994_2123749.jpg

d0212994_21232114.jpg


寺田屋。いつも前を通り過ぎるだけだが、今回は中に入ってみた。入館料400円。
d0212994_21233850.jpg

d0212994_21235020.jpg

d0212994_2124569.jpg

d0212994_21242322.jpg

d0212994_2125168.jpg

d0212994_21251911.jpg

d0212994_21253115.jpg

寺田屋騒動のときに付けられた刀痕。
d0212994_21254627.jpg

d0212994_2126393.jpg

ここにも古い刀痕がある。
d0212994_21261525.jpg

入浴中のお龍さんが、龍馬の身に迫る危険を知らせるために裸で駆け上がってきた階段。
d0212994_21263740.jpg

お龍さんが入浴していた風呂場。
d0212994_21265137.jpg

d0212994_2127911.jpg

d0212994_21272181.jpg

d0212994_21273661.jpg


ここでレンズを Canon EF24-70mm/F2.8 にチェンジ。
龍馬通り商店街。普段は人通りも少ないが、休日は観光客で賑わう。
d0212994_21275916.jpg

d0212994_2128187.jpg

そのすぐそばにある黄桜酒造カッパカントリー。ここで昼食をとろうと思ったが、レストランは満席だったので他を当たることにした。
d0212994_21283348.jpg

ついでにぶらぶら撮り歩く。
d0212994_21284527.jpg

d0212994_2129674.jpg

松本酒造。いつかここの写真を撮りたいと思いながらなかなか実現しなかった。
一部修復工事中だったが、良い感じに撮れた。
d0212994_21293929.jpg

d0212994_2130057.jpg

帰りは大手筋商店街の食事処で遅い昼食をとる。この時期、カキフライは外せない。
料理は CASIO EXILIM EX-ZR100 の料理モードで撮影。
d0212994_21302694.jpg

d0212994_21304623.jpg

d0212994_21305921.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-12 21:31 | 風景・建物
2012年 02月 04日

京都 Elephant Factory Coffee

かねてより行きたかった噂のこだわりコーヒー店に行ってきた。店名が村上春樹の小説に由来するという Elephant Factory Coffee という店だ。

撮影には GRD III と純正×0.75ワイコン、レイノックス HDP-2800ES 魚眼コンバーター(延長リングあり)を使った。店のひなびた感じと RICOH の絵作りがとても良くマッチする。

サブのカメラを持ってくるのを忘れたので1枚目だけ携帯カメラで撮影。画質はやっぱりイマイチだなぁ・・・
d0212994_19551673.jpg


広角で撮影しているので広く見えるが、実際は建物と建物の間の路地のような通りに面している。初めて行くときはこの路地を探し当てるのに苦労するかもしれない。
d0212994_1692893.jpg

d0212994_1693919.jpg

以前訪れたときはたまたま定休日で入れなかったが、今日は OPEN の表示が出ている。
d0212994_169511.jpg

d0212994_1610187.jpg

喫茶店であることは全く分からない外見。
d0212994_16101358.jpg


店内はまるで 1970年代のフランス映画に出てくるカフェみたいな雰囲気。
d0212994_1610508.jpg

d0212994_1611778.jpg

d0212994_16112131.jpg

d0212994_16113511.jpg

d0212994_16114541.jpg

女性の先客が一人いらっしゃった。後からも次々客が入ってきたので、結構はやっている店のようだ。店は狭く、カウンター席に5人、テーブル席に4人座れば満席という感じ。しかしこの狭さがかえって適度な囲まれ感となって、たいへん居心地がよい。
d0212994_1612773.jpg

d0212994_16122797.jpg

d0212994_16124056.jpg

d0212994_16125838.jpg

d0212994_16132291.jpg

d0212994_16135315.jpg

d0212994_1614977.jpg

d0212994_16142887.jpg

d0212994_16144734.jpg


魚眼で撮ってみた。延長リングを噛ませると周辺部まで解像感がある。この魚眼コンバーターは GRD との組み合わせがベストマッチだ。
d0212994_1615227.jpg

d0212994_16151345.jpg

d0212994_16154286.jpg

d0212994_16164958.jpg


コーヒーは1杯600円、ケーキは400円でちょっとお高いが、味は抜群だし、なによりこの空間の雰囲気が良い。常連客らしい男性がマスターと二言三言、言葉を交わしていた。店内は静かで、あまりおしゃべりは好まれないだろう。客は男女を問わず全て「お一人様」だった。

d0212994_16171853.jpg

d0212994_16173150.jpg

d0212994_16174370.jpg

d0212994_1618154.jpg

d0212994_16181874.jpg

d0212994_16182911.jpg

d0212994_16184714.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-04 16:18 | 風景・建物
2012年 02月 03日

GR Digital III に魚眼コンバーターを付けてみる

Raynox HDP-2800ES 魚眼コンバーターレンズの適合表を見ると、RICOH デジタルカメラとのマッチングは保証されているようだ。52→52延長リングを装着すると周辺解像度がさらに向上すると書いてあるが、リングなしでも周辺描写は良いと思う。LUMIX GX1 より RICOH GRDIII / GXR+S10 の方が描写性能は明らかに良い。

GRDIII + 純正レンズアダプター(43mm径)に魚眼コンバーターに取り付けて撮影。GRDIII は単焦点デジカメだが、オートリサイズズーム(トリミングズーム)機能を使えば画質を劣化させることなく擬似的にズーム操作(実際には周辺部を段階的にトリミングしているだけ)が可能だ。1段ズームイン(×1.2)するとケラレは解消する。試写例はすべて最広角。

アップした画像は延長リングなし(単に付け忘れただけ)のものだが、これでも充分な気がする。
雑然とした自分の作業場を撮ってみた。180度の画角になる。ケラレ部分はトリミングせずにわざと残した。この方が魚眼レンズらしい味わいがある。
d0212994_045262.jpg

d0212994_0451331.jpg

d0212994_0452396.jpg

d0212994_0453411.jpg

d0212994_0454828.jpg

d0212994_046168.jpg

d0212994_0461083.jpg

d0212994_0462128.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-03 00:46 | レンズ