Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 29日

中古新同品 LUMIX GF2

日常のメモ動画専用機として使っているコンデジの LUMIX TZ20 は、暗所での撮影能力が今ひとつ。ノイジーというか輪郭が溶けるというか。新しい TZ30 はその辺が改善されているらしいので量販店でいじってみたら、なるほど良い。でも3万円出して買い換えるほどでもないなと思い、買わずに帰ってきた。

家に帰ってよくよく考えてみたら、安い m4/3 ボディを動画専用機にしてもいいなと思い立った。手持ちのレンズも活用出来ることだし。型落ち品ならコンデジより安い。ちょうどマップカメラで中古新同品の GF2 が1万円台後半だったので買ってみた。何だか分からんが安すぎるぞ。

とりあえず例によってカスタマイズ。貼り革は自作しても良かったのだが、GX1のときにレンズ周りの切り抜きで苦労したので、今回は Aki-Asahi 製の GF2 貼り革キットにした。相変わらず高精度でばっちり貼れる。良い仕事だ。
真っ黒だと愛想がないので、洒落でライカバッジを付けた。いちおうライカ正規品についていたシールを使っているので、模造品ではないのだ。
d0212994_9462549.jpg


現行 GF3 も安くなっているが、あえて旧型の GF2 にした理由がこれ。マイクがステレオでホットシューも装備されている。手持ちの LX5 用ライブビューファインダーが流用出来るのだ。おまけに電池は GX1 と共用出来るときた。

一方 GF3 は、マイクはモノラル、ホットシューなし、電池も専用となり流用がきかない。デザインは妙にポップで気に食わない。しかも撮像素子とメカ部分は GF2 からの使い回し。どう考えても退化している。 GF2 の方がはるかにカメラらしいし、拡張性も申し分ない。
d0212994_945559.jpg


静止画の高感度は ISO800 くらいが常用限界だが、14mmF2.5 / 20mmF1.7 などの明るいレンズを持っているので、夜景でも感度を上げずに綺麗に取れる。もちろん動画も十分な性能だ。試しに薄暗い部屋で動画を撮ってみたが、何ら問題なく見た目通りに撮れるし音質も非常に良い。 AVCHD なのでパナのHDレコーダーに SD カード経由で簡単に動画をダビング出来る。

GX1 と並べてみた。大きさは GX1 の方がわずかに大きい。レザーケース底板の厚みが違うので GX1 の方が背が高いように見えるが、ボディの高さはほぼ同じだ。 GX1 の貼り革は完全 DIY だが、細部に納得がいかず3度作り直した。最近になって Aki-Asahi さんが GX1 用の貼り革キットをリリースしたが、もう少し早く作ってくれたらそっちにしたのに・・・

GF2 / GX1 ともにレザーケースはどちらも純正品。
d0212994_9463732.jpg


GF2 のケースを外した状態。やっぱりおパンツをはかせた方が何となくおさまりが良い気がする。GX1 はパンツなしでもそれなりに見映えがするのだが。デザインの妙というやつだな。
d0212994_9464768.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-29 09:47 | カメラ
2012年 03月 22日

Canon PowerShot G1 X 専用レザーケース

中国・上海にある Camera-Friends というネットショップで G1 X 用のレザーケースを注文した。Canon 純正ケースはどうも大きすぎるし不格好。使い勝手も悪く質感も気にくわないので、購入は見送り。このカメラはケースなしでいこうかなと思っていたところ、たまたまネットの画像検索で見つけたのがこの製品。TP というシリーズらしいがどこで作っているのかは不明。作りの丁寧さからみると韓国かベトナム製か。

このショップ、どこまで信頼出来るか未知数だが、HPの構成がしっかりしているし問い合わせ先やスタッフ紹介まであるし、店舗ブログもまめに更新されている。日本人と中国人が共同で経営しているベンチャー企業のようだ。何となく不安を感じながら注文したらすぐにきちんとした内容の受注メールが届いた。エイヤッと送金したら、翌日には入金確認メールが届いた。

一抹の不安を覚えながらも待つこと一週間。FedEX の EMS 小包で商品が到着して一安心した。
商品は三重くらいの梱包ウレタンにくるまれた上に段ボールに詰められ、この段ボールがこれでもかというくらい厳重にテープでグルグル巻きにされていたので、開けるのに苦労した。
d0212994_10154582.jpg

ケース本体はビロード地の上品な巾着袋の中に入っていた。おまけの革製ハンドストラップも同梱されており、なかなか良い感じだ。ネックストラップはビニール梱包されていた。全て同じ色味のオイルド・レザー製。しなやかで手触りも良く、フィッティングもまあまあ。
d0212994_10155988.jpg

d0212994_1016835.jpg

ハーフケース底面は完全フラットなのでテーブルに直立する。固定ネジは埋め込み式なので出っ張りがないのだ。
d0212994_10163289.jpg

上部カバーを装着したところ。
d0212994_10164256.jpg

ケース、ストラップともに Harley みたいに派手なウィングデザインのロゴが刻印されている。
d0212994_10165643.jpg

上部カバーはスナップボタンではなく、ハーフケースの二重ネジにさらにねじこんで固定する方式。カバーを開いて垂らした状態で撮影しても、カバーが脱落する恐れがない。
d0212994_1017674.jpg

ハーフカバーのフィッティングは上々。これなら純正ケースよりはるかに感じがよい。
d0212994_1017236.jpg

液晶モニターのヒンジへの干渉もない。 Canon 純正ケースはここが干渉するのでたいへん使いにくいのだ。
d0212994_10173412.jpg

上部カバーがカメラ全体をぐるっと包み込むかたちになっているので、汚れや衝撃からの保護性能は高い。
d0212994_10175222.jpg

ここまでこだわる必要はないと思うのだが、スナップボタンは妙に可愛い意匠がほどこされている。
d0212994_10182613.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-22 10:18 | カメラ
2012年 03月 21日

京都・東山花灯路最終日 〜PowerShot G1 X 編

先のブログで同じ花灯路を G12, X100 で撮り比べたので、今回は G1 X メインで同じ被写体を撮影してみた。 G1 X の夜景撮影能力を見るにはもってこいだ。
法観寺、八坂の塔。何だか分からんが、異常なほどクリアに撮れる。ISO3200だが、ノイズをほとんど感じない仕上がりに驚かされた。Dレンジが広いので夜空に浮かぶ雲まで写っている。画質は一眼並みだな。X100 と同レベルの仕上がりだが、G1 X は手ぶれ補正搭載なので手持ち撮影がさらに楽だ。

とはいえ、AFはやはりコンデジのそれに過ぎず、X100同様、暗所では良く迷う。AFアシストビームを切っていると合焦出来ない場面も相当数あった。また、合焦してシャッターが切れても、画像を確認するとピンぼけだったという写真が少なからずあった。一眼の位相差式 AF とは天と地の差だ。
d0212994_1551838.jpg

d0212994_1554110.jpg

d0212994_156366.jpg

d0212994_1561821.jpg

d0212994_1564451.jpg

絞り開放で接写。といってもあまり寄れないのだが。前ボケ、後ボケの具合が分かりやすい。
G12 よりはるかにボケさせやすいが、X100 ほどではない。でもこれくらいの方が使いやすい。
d0212994_15756.jpg

d0212994_1571518.jpg


圓徳院。ねね様が晩年を過ごされた場所とか。何とも落ち着いた風情の所だった。
d0212994_1582715.jpg

d0212994_1584595.jpg

d0212994_1585883.jpg

圓徳院を出る。
d0212994_1591642.jpg

祇園閣。これも高感度撮影とは思えないほどすっきりした描写だ。
d0212994_1595728.jpg

d0212994_1510166.jpg

円山公園に向かう。
d0212994_15104377.jpg

d0212994_15111723.jpg

d0212994_15113695.jpg

d0212994_15115833.jpg

d0212994_15121066.jpg


「狐の嫁入り」儀式。
d0212994_1574965.jpg

d0212994_15165659.jpg

d0212994_1517924.jpg


円山公園内。
d0212994_15173024.jpg

竹灯籠の2枚は ISO6400 なのだが、信じられないほどノイズが少ない。
d0212994_15174674.jpg

d0212994_15175958.jpg

d0212994_15182399.jpg

d0212994_15184461.jpg

d0212994_15191535.jpg


八坂神社。
d0212994_15193526.jpg

d0212994_15195120.jpg

d0212994_15201031.jpg

d0212994_15202871.jpg

d0212994_15204053.jpg

d0212994_15205260.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-21 15:16 | 夜景
2012年 03月 18日

Canon PowerShot G1 X

歴代Gシリーズ最高峰らしい。G10/11/12 と使い続けてきたので、これは買わないわけにはいくまい。という変な理屈で購入した G1 X。別に持っている LUMIX GX1 と型番が似ていてややこしい。
d0212994_0563078.jpg

従来のコンデジのような接写が出来ないらしいという情報があったので、あっさりクローズアップレンズ( Kenko Pro1D AC No.3 )で対応。純正の58mm径バヨネットリングごと脱着出来るので、マクロにしたいときだけぱっと付けて撮影出来る。これでサブのマクロ用コンデジを携行する必要がなくなる。
d0212994_0564855.jpg


クローズアップレンズを使ってそれぞれワイ端・テレ端を最短撮影距離で接写。テレマクロは意外に使えるが、合焦範囲が意外に狭いのでピント合わせは神経質にならざるを得ない。
d0212994_115528.jpg

d0212994_12715.jpg

コンデジらしい各種エフェクトモードが存在する。これはジオラマ風。
d0212994_122491.jpg

ワイ端開放絞りF2.8での背景ボケ。やはりG12よりもセンサーサイズが大きい分、一眼に近いボケ描写だ。
d0212994_124017.jpg

Dレンジ補正オートで。階調表現もG12より若干余裕がある。ビル壁面の質感と曇り空の微妙なグラディーションがきちんと再現されている。
d0212994_12513.jpg

Dレンジが広いお陰で、露出をプラス補正しても白の花弁が飛ばない。それにかつての G/S シリーズの弱点だった、紫系の色再現性の悪さがめざましく改善されている。再現の難しい紫が見た目通りに再現されている。背面液晶の色表示も正確だ。やれば出来るじゃないか、CANON。
d0212994_13151.jpg

d0212994_132659.jpg

クローズアップレンズ装着でのテレマクロ。充分だな。
d0212994_133840.jpg

その他、色々。操作性は従来のGとほぼ同一なので迷いが少ない。操作性はコンデジ並で描写は一眼クラスというキャラクターは、LUMIX GX1 ともかぶる。まぁ良いのだけど。
d0212994_135056.jpg

d0212994_14619.jpg

d0212994_142627.jpg

d0212994_144148.jpg


室内での描写。これまたAWBが超優秀なので、色温度をあとでいじくる必要がない。
d0212994_15361.jpg

d0212994_152297.jpg

d0212994_153593.jpg

クローズアップレンズを付けて接写。
d0212994_154980.jpg

G12と同じマイカラー設定で撮影。中間調が豊かな軟調が好みだ。
d0212994_161530.jpg

d0212994_163412.jpg

d0212994_164749.jpg


高感度の描写。これはISO6400。ちょっと信じられないようなクリアさだ。ノイズも等倍で見ないと分からない。
d0212994_1713100.jpg

ISO3200。もうこれは常用可能な水準だ。
d0212994_172733.jpg

d0212994_174365.jpg


暗めの被写体で感度を変えながら撮影した。これはISO1600。
d0212994_18591.jpg

ISO3200。1600とほとんど変わらないノイズレベルだ。
d0212994_181928.jpg

ISO6400。暗部に色ノイズが乗ってくるが、まだ許容レベル。
d0212994_184591.jpg

ISO12800。ノイズ量は増えるが、不快なほどではない。レタッチでノイズ処理してしまえば見られる画像になる。そういう意味では緊急避難的に使える感度だ。
d0212994_185798.jpg

感度オート上限を1600に設定しておいたら、ISO1250で撮影出来た。ノイズは全く問題にならない。
d0212994_19755.jpg


「史上最高画質」は伊達ではなかった。描写性能は Fujifilm X100 とほぼ同水準だ。35mm単焦点のX100と、ズームのG1 Xをコンビで使えば、写せないものはない気がする。ただし、低感度での描写はG12も遜色ないし、接写はG12の方がフレキシブルなので、G12も併用していきたい。
d0212994_193749.jpg

d0212994_195950.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-18 01:10 | カメラ
2012年 03月 17日

京都・東山花灯路(続き) 〜Finepix X100 編

すっかり日が暮れ、足許も覚束ない暗さの中で竹灯籠の灯りだけをたよりに進む。ここまで暗いと X100 でも写らないのではないかと思いつつ、ISO3200 、絞り開放F2で撮影。結果はブレもなくAFをちゃんと合って撮影出来た。以後の撮影は全て ISO3200 での超高感度撮影を余儀なくされたが、手持ち撮影で何とか撮れた。手ぶれ補正もないのによく写るカメラだ。
d0212994_16501639.jpg

d0212994_16502770.jpg

d0212994_16503940.jpg

わずかに残る空のグラディーション。円山公園の枝垂れ桜がぼんやりとシルエットを映す。
d0212994_16504756.jpg

d0212994_16505522.jpg

京都のROHM社が全面提供するLEDが、今回の花灯路の原動力。
d0212994_1651844.jpg


円山公園隣のレストラン。中には入ったことがないが、外観が好きでよく撮影する。
d0212994_16512771.jpg

d0212994_16514427.jpg

d0212994_16515718.jpg

d0212994_16521330.jpg


巨大な祇園閣を眺めつつ、高台寺へ向かう。
d0212994_16522784.jpg

d0212994_16524132.jpg

d0212994_1653333.jpg

d0212994_16531724.jpg


高台寺夜間拝観。
d0212994_1654214.jpg

d0212994_16541598.jpg

d0212994_16543799.jpg

d0212994_16545297.jpg

d0212994_1655512.jpg


庭園のライトアップ。途中暗すぎて ISO3200 でも手ぶれ連発だったので、仕方なく ISO6400 に設定。水面への写り込みがぶれずに撮れた。ノイズも思ったほど目立たない。
d0212994_16552215.jpg

d0212994_16554312.jpg

d0212994_16555658.jpg

d0212994_16561682.jpg

d0212994_1657065.jpg

d0212994_1656431.jpg


竹林を抜けて下界に下りる。
d0212994_16592579.jpg

d0212994_16594148.jpg

d0212994_16595739.jpg

d0212994_1701794.jpg


一年坂、二年坂を通って八坂の塔へ向かう。
d0212994_1703723.jpg

d0212994_1705621.jpg

d0212994_1712227.jpg

d0212994_171388.jpg

d0212994_1715540.jpg

d0212994_1721191.jpg


八坂の塔。実に絵になる風情だ。
d0212994_1722373.jpg

d0212994_1723891.jpg

d0212994_1725687.jpg

d0212994_173996.jpg

d0212994_1732583.jpg

今日は店じまい。
d0212994_17339100.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-17 16:57 | 夜景
2012年 03月 17日

京都・東山花灯路 〜PowerShot G12編

東山三条からスタート。
d0212994_16401233.jpg

d0212994_16402922.jpg

d0212994_16405237.jpg

d0212994_1641843.jpg

d0212994_1641212.jpg

d0212994_16413550.jpg


知恩院
d0212994_16414985.jpg

d0212994_16415928.jpg

d0212994_1642838.jpg

d0212994_16422463.jpg

d0212994_16425384.jpg

d0212994_1643111.jpg


四条・円山公園
d0212994_16431464.jpg

d0212994_16432318.jpg

d0212994_16433481.jpg

d0212994_16434620.jpg

d0212994_1644543.jpg

d0212994_16442073.jpg

d0212994_16443249.jpg

G12 の出番はここまで。 X100 と持ち替える。
[PR]

by vision42 | 2012-03-17 16:46 | 夜景
2012年 03月 12日

京都大学構内のレトロ建築 (by X100 BK)

言わずと知れた本部構内の時計台。
d0212994_20342287.jpg

そのそばにある診療所(保健管理センター)建物。なかなか良い感じのくたびれ方だ。
d0212994_20343595.jpg

事務棟は重要文化財指定の赤煉瓦。近年大規模な補修工事が行われたばかりだ。
d0212994_20344572.jpg

建物に囲まれた小さな中庭。
d0212994_2035685.jpg

d0212994_20351779.jpg

d0212994_20352948.jpg

空中へ続く扉(?!)
d0212994_20354036.jpg

実は天国に上る階段に続いているとか。扉を開いて外へ出たら・・・
d0212994_20354947.jpg

d0212994_2036299.jpg

d0212994_20361163.jpg

雨上がりの昼だったのだ。
d0212994_20363298.jpg

新と旧。
d0212994_20364646.jpg

d0212994_20365699.jpg

かわいい外観の建物。留学生用の教室らしい。
d0212994_20371057.jpg

裏庭。個人的になぜかこの空間が結構好きだ。
d0212994_20372272.jpg

裏庭にはリヤカーがいつも置いてある。
d0212994_20374734.jpg

F2.8 で。X100 は F4 あたりが一番シャープな解像を見せる。
d0212994_20375627.jpg

F2 開放で。激薄ピントだ。
d0212994_20382012.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-12 20:38 | 風景・建物
2012年 03月 11日

大阪・京都のレトロ建築 (by Fujifilm X100 BK)

大阪・渡辺橋近辺の建物。
d0212994_13234828.jpg

d0212994_13235967.jpg

d0212994_1324972.jpg

京阪渡辺橋駅構内をモノクロームで。
d0212994_13242136.jpg

Dレンジ100%
d0212994_13243516.jpg

Dレンジ400%
d0212994_13244432.jpg


京都市内・龍谷大学文学部学舎(重要文化財指定)。
小雨が降る中、傘をさしながら撮影した。
d0212994_13245880.jpg

d0212994_13253156.jpg

d0212994_13255091.jpg

d0212994_13262386.jpg


d0212994_13263855.jpg

d0212994_13265391.jpg

d0212994_13271181.jpg

d0212994_13272629.jpg

d0212994_1328020.jpg

d0212994_13281031.jpg

d0212994_13282239.jpg

d0212994_13283884.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-11 13:29 | 風景・建物
2012年 03月 11日

最近「超大吉」らしい (by Fujifilm X100 BK)

ダノンのヨーグルトを開けたら、3回連続で「超大吉」「大吉」「大吉」が出た。家族みんなで毎朝食べるヨーグルトなのに、自分だけ当たる不思議。どうやら本当に超大吉らしい。
d0212994_13172896.jpg

d0212994_13173877.jpg


d0212994_13175353.jpg

d0212994_1318452.jpg


d0212994_13182185.jpg

d0212994_13182812.jpg

d0212994_13183690.jpg

d0212994_13184450.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-11 13:22 | 雑記
2012年 03月 09日

Love YAYOI ! 〜草間彌生の永遠の永遠の永遠 (LUMIX TZ20)

若くして精神病を病み、閉鎖病棟の個室をアトリエとして創作を続けながら、世界に発信し続ける希有のアーティスト、草間彌生。生と死の狭間に漂う意識の中で「目」「口」「顔」そして「水玉」をモチーフとする独特の草間ワールドを構築する。御年83歳を迎えようとするこの高齢の画家の創作意欲は、衰えるところを知らない。

「わたし、大好き!」と叫ぶ草間さんに「LOVE YAYOI!」とエールを送りたい。
(※撮影機材は Panasonic LUMIX TZ20 のみ。展覧会場内の撮影は、「撮影OK」の場所でのみおこなった。)
d0212994_18301415.jpg

d0212994_18302683.jpg

展示室に入る前から、すでに草間ワールド全開。オブジェと戯れる人々。
d0212994_1830378.jpg

d0212994_18304859.jpg

水玉チューリップの部屋。ここは撮影OK。平面作品以外は全部撮影OKだった。草間さんらしいオープンさだ。
d0212994_18311378.jpg

d0212994_1831282.jpg

d0212994_18313855.jpg

草間グッズが飛ぶように売れていた。あたりは黒山の人だかり。
d0212994_18315073.jpg

d0212994_18315972.jpg

こちらは常設展示場。これは以前から展示されている草間さんのカボチャ。
d0212994_18321057.jpg

d0212994_18322276.jpg

TZ20の泣き所は高感度ノイズだが、Lightroom3.6 で処理したらすっきりした描写に。
d0212994_18323217.jpg

d0212994_18324656.jpg


d0212994_1833133.jpg

d0212994_18331724.jpg

d0212994_18333088.jpg

d0212994_18334126.jpg

d0212994_18335496.jpg

d0212994_1834668.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-09 18:34 | 雑記