Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 18日

3D パソコンと 3D デジカメ

d0212994_194207.jpg

d0212994_19455231.jpg

10年間使ってきた Vaio Z が壊れてしまったので、新しいPCを購入した。3Dブルーレイ対応の Vaio C というモデルだ。フル装備でも値段が8万円強という安さ。これはオプションの3Dスクリーンを画面に被せると3D対応になるというもの。ついでなのでこの3Dスクリーンも買った。
d0212994_19432688.jpg

3Dコンテンツソフトは、かつて IMAX シアターの大迫力スクリーンで見たことのあった「ディープ・シー 3D」。ジョニー・デップとケイト・ウィンスレットがナレーションをしているやつだ。さすがにIMAX シアター並みとはいかないが、それなりに奥行き感が楽しめた。個人で視聴するだけならこんなので充分ではないかと思う。

ただ、スクリーンを使用する際に3D効果の調整をするための操作を行わないといけない。視聴する人の視力に合わせて調整するのだが、自分一人でも昼と夜で目の調子が違うのでその度に調整の必要があって面倒だ。また3Dが効く視野角が限定されるので、スクリーンの真正面にいないと3Dにならない。家族が集まって観るのは無理だ。
d0212994_19433889.jpg

そして3Dカメラ。あまりに安いのでAmazonで買ってしまったのが Finepix Real3D W3。以前店頭で触ったことがあって、これは凄いと思っていた。背面液晶で裸眼3Dが楽しめてしまう。いや楽しむというよりは「驚愕」に近いほど、3Dの効果がある。駐車場で自分の車を撮ってみたが、なんというか小さな箱の中に精密なミニチュアが置いてあるような感じでとても面白い。
[PR]

by vision42 | 2012-05-18 08:41 | PC/Mac
2012年 05月 13日

大阪・ミナミの風景(by Finepix F550EXR)

安いコンデジでこれだけ撮れたら充分だな。現行は F770EXR だが、基本性能は 550 から変わっていない。買うなら絶対こっち。何といってもメチャクチャ安い。しかも何でもよく写る。
d0212994_17212312.jpg

d0212994_1721347.jpg

d0212994_17215354.jpg

d0212994_1722283.jpg

d0212994_17221377.jpg

d0212994_17222376.jpg

d0212994_17223571.jpg

d0212994_17224773.jpg


d0212994_17225666.jpg

d0212994_1723531.jpg

d0212994_17231310.jpg

d0212994_17232233.jpg

d0212994_17233333.jpg

d0212994_1723464.jpg


d0212994_17262564.jpg

d0212994_17264755.jpg

d0212994_172761.jpg

d0212994_17272358.jpg

d0212994_17273416.jpg


d0212994_17275195.jpg

d0212994_172818.jpg

d0212994_17281916.jpg

d0212994_17283480.jpg

d0212994_17285371.jpg


d0212994_1729688.jpg

d0212994_17291865.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-13 17:29 | 風景・建物
2012年 05月 12日

FA77mm F1.8 Limited & K-7 (京都編)

以前同じ場所をコンデジの SONY HX30V で撮影し、その写りのチープさにかなりガッカリしたのだが、一眼で撮り直すとやはり完全に別次元の描写となった。FA77mm/F1.8 Limited はフィルム用の古い設計のレンズなのでデジタル専用の DA70mm のようなシャープさは得られないのだが、それでもこれだけ豊かな階調で映すことが出来れば充分。K-7 Limited Silver の描写も、K-5 と比べると不思議とアナログ的な柔らかい写りをするので大変面白い。ISO800 以上になると高感度ノイズが乗ってくるが、却ってそれがフィルムグレイン的な粒子感を演出しており、篠山紀信や森山大道みたいで格好いい。

京都・車折神社入り口。
d0212994_232541.jpg

境内の中の様子。曇り空だったが良い感じの柔らかさで写っている。
d0212994_2321449.jpg

d0212994_2322327.jpg

新緑の発色も素直で好ましい。
d0212994_2323353.jpg

背景ボケの演出は一眼+大口径単焦点ならではのもの。
d0212994_2324917.jpg

d0212994_2325731.jpg

d0212994_233774.jpg

コンデジだと平板な描写になりがちな構図だが、一眼だと奥行き感のある描写。
d0212994_2331620.jpg


嵐電(らんでん)に乗って終点の嵐山まで行ってみる。
d0212994_2332789.jpg

駅の中に無料の足湯スポットがある。
d0212994_2333449.jpg

d0212994_2334432.jpg

d0212994_2335562.jpg

d0212994_2341025.jpg

若い駅員と店のアルバイターが談笑している。
d0212994_2342282.jpg

人力車の兄さんが威勢の良いかけ声で走る。結構カメラを意識しているように見えた。
d0212994_234351.jpg

d0212994_2344798.jpg

d0212994_235017.jpg

d0212994_2352186.jpg

渡月橋付近。
d0212994_2353284.jpg

d0212994_2354158.jpg

d0212994_2355669.jpg

d0212994_236872.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-12 23:06 | 風景・建物
2012年 05月 12日

FA77mm F1.8 Limited & K-7 (大阪編)

難波で試写。いやいや、素晴らしい写りだ。花の描写はペンタックスのお家芸。
d0212994_22571100.jpg

d0212994_22571172.jpg

d0212994_22572376.jpg

d0212994_22573998.jpg

d0212994_22593660.jpg

d0212994_22595322.jpg

建物の内部で撮影するときも、K-7 はシャッター音がきわめて小さいので他人の迷惑になりにくい。
d0212994_22575496.jpg

d0212994_2258811.jpg

d0212994_22581696.jpg

d0212994_22583545.jpg

d0212994_22585298.jpg

d0212994_2259675.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-12 22:59 | 風景・建物
2012年 05月 11日

PENTAX K-7 Limited Silver 到着

このタイミングで入手することになるとは思わなかったが、マップカメラで出ていた中古美品 K-7 Limited Silver を 61,800円で入手した。アイカップ欠品で安くなっていたのだが、予備アイカップは持っているので問題なし。

今さらという感もあるが、実物を手にしたらそんな考えは吹き飛んだ。大変高級感があり良いモノ感に溢れた逸品なのだ。K-5 オーナーの目から見ても、カメラとしての機能も正直不満を感じない。デジタル一眼は K-5 が一つのエポックだったと思うが、K-7 で既にコンセプトは完成していたのだ。K-7 に積まれた Samsung 製 CMOS センサーも、今見れば悪くない。高感度がノイジーというが、粒の揃ったフィルムライクな粒子感にはむしろ好感を持てる。自分はカスタムで ISO1600 超に対して高感度NR「強」がかかるように設定したので、 ISO1600 以下ではNRがかからない。それでもかなり使えるし、 Lightroom でノイズ処理してしまえば良いこと。

このカメラの最大の売りは、FA Limited レンズと合わせたカラーリングだ。どのレンズも解放F値が2を切るハイスピードレンズであり、ISO を上げなくても大抵のものは撮影できる。また FA Ltd を付けたカメラを単に眺めているだけでも楽しいビジュアルをもっている。

FA77mm/F1.8 Limited レンズを装着してみた。
d0212994_1502878.jpg

ホットシューカバーは、たまたま手持ちジャンク品の中にあったオリンパス製のシルバー色を付けてみた。色味はボディ色とぴったりで驚いた。ヤスリで成形してカメラのシュー形状に合わせた。
d0212994_1511872.jpg

d0212994_1513381.jpg

アイカップは手持ちの純正品(K-5用)とオプション品(拡大アイカップ)の両方がある。これは拡大アイカップ。接眼部に厚みがあるので、カメラを構えたときに鼻の頭が液晶カバーに触れにくい。
d0212994_1514895.jpg

昔の K100D super に限定品で付属していた、 Artisan & Artist 特製ネックストラップを付けた。
d0212994_1521491.jpg

d0212994_1522644.jpg

このレンズが一番このカメラボディにマッチしている気がする。
d0212994_1524039.jpg

七宝焼きの取り付け指標。エメラルドグリーンが美しい。
d0212994_1525210.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-11 13:29 | カメラ
2012年 05月 05日

PENTAX K-7 Limited Silver 【中古美品】

うむ、思わず衝動買い・・・ではなく、熟慮の上でポチッた。中古美品61,800円 也。アイカップ欠品というだけで、同じ商品の並品69,800円より破格に安い。アイカップなら別になくても結構。純正品もオプション品も、うちにいくつかK-7/5用のが転がっているぞ。
d0212994_14114852.jpg


マップカメラの商品画像。美品というかほぼ新品だな。使用された形跡はない。大規模ショップの陳列棚に展示されていたものか。
d0212994_14125531.jpg

d0212994_14131177.jpg


売り出し価格が12万円オーバーだったことを考えるとほぼ半額。今更ながらの K-7 だが、K-5 使いの自分にとって未だ魅力のある機種である。K-5 を購入するときにブラックの K-7 を手放したことを少し後悔していた。欠点もあるがなかなか良い写りをするカメラなのだ。

実機はまだ届いていないので、とりあえずレビュー記事の写真をお借りした。
FA43mm Limited を付けた K-7 Limited。
d0212994_15103195.jpg

通常モデルとの違い1:アクリルではなく強化ガラス採用の液晶カバー。これは魅力。
d0212994_15104946.jpg

2:これはどうでも良いのだが黒地にゴールドのエンブレム。
d0212994_1511065.jpg

3:このモデルのためだけに作られた黄金分割フレームマット。う〜む、マニアックだ。
d0212994_15111820.jpg


FA Limited レンズ群を付けたいでたち。上から31mm, 43mm, 77mm。似合いすぎるのだ。
d0212994_15113251.jpg

d0212994_15114161.jpg

d0212994_15115048.jpg

d0212994_151203.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-05 15:18 | カメラ
2012年 05月 05日

四月の写真置き場(4)

Cybershot HX30V
大阪・京阪北浜駅の地下通路から地上へ上がったすぐのところにある MOTO Coffee。
小さい店だが雰囲気が良い。テラスで飲んでみたかったが、たまたま満席だったため地下へ。
d0212994_8293188.jpg

d0212994_8294042.jpg

d0212994_8294975.jpg

d0212994_830555.jpg

d0212994_830126.jpg

あとで見たらテラス席は空いていた。タイミングを逸したなぁ。
d0212994_8302360.jpg

中之島中央公会堂界隈。
d0212994_8303429.jpg

d0212994_8303145.jpg

d0212994_8304693.jpg

d0212994_831328.jpg

d0212994_8314732.jpg


LUMIX TZ30
なんば City にてぶらっと歩き撮り。
d0212994_8324648.jpg

d0212994_8325919.jpg

d0212994_8331248.jpg

d0212994_8332618.jpg

d0212994_8333463.jpg

d0212994_8334760.jpg

d0212994_834715.jpg

d0212994_834202.jpg

d0212994_8342978.jpg

同じく TZ30 で京都加茂川の夕景を。
d0212994_8342082.jpg

d0212994_8343121.jpg

d0212994_8344187.jpg

d0212994_8352712.jpg

d0212994_835362.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-05 08:35 | 風景・建物
2012年 05月 05日

四月の写真置き場(3)

Cybershot HX30V
JR 難波駅そばの雑居ビルにある小さなカフェ、Hito-iki。手作りパンも売っている。小さい店ながら客足は絶えず、常に人の出入りがある。
d0212994_822065.jpg

d0212994_8221398.jpg

d0212994_82358.jpg

d0212994_8231679.jpg

HX30V のデジタルフィルターを色々試してみる。意外に面白い。
d0212994_823319.jpg

d0212994_8234151.jpg

d0212994_8235022.jpg

d0212994_8235970.jpg

d0212994_824848.jpg

d0212994_8241899.jpg

JR 難波と NAMBA Walk をつなぐ地下道。不思議な空間なので撮り甲斐がある。
d0212994_8243351.jpg

d0212994_824496.jpg

d0212994_825099.jpg

d0212994_8251319.jpg

d0212994_8252686.jpg

d0212994_8255052.jpg

d0212994_8261697.jpg

d0212994_8263267.jpg

d0212994_8264773.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-05 08:27 | 風景・建物
2012年 05月 05日

四月の写真置き場(2)

LUMIX TZ30
京都市左京区界隈。桜のソフトフォーカスっぽい写真は、Lightroom 3.6 で「明瞭度」をマイナスに処理したもの。
d0212994_8131431.jpg

d0212994_8132691.jpg

d0212994_8133919.jpg

d0212994_8134950.jpg

d0212994_8133978.jpg

d0212994_814227.jpg

d0212994_8145928.jpg

d0212994_8151418.jpg

d0212994_8152970.jpg

d0212994_816518.jpg

d0212994_8161937.jpg


LUMIX GH2
こちらは京都山科の醍醐寺。春は梅と桜、秋は紅葉で大混雑する。今回はこれまで見たなかで最大の混雑ぶりだった。自分は行き慣れているので、人通りが少ない通路をすり抜けながらサクサク撮影。
d0212994_8164042.jpg

d0212994_8163999.jpg

d0212994_8165468.jpg

d0212994_817878.jpg

d0212994_8175915.jpg

d0212994_8181365.jpg

d0212994_8182613.jpg

d0212994_8184250.jpg

d0212994_8194378.jpg

d0212994_8193360.jpg

d0212994_8202768.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-05 08:20 | 風景・建物
2012年 05月 05日

四月の写真置き場(1)

Cybershot HX30V
ソニー機の描写はパナとは違いどっしり重め。建物を撮るには良いが、草花の描写は今ひとつの印象。神社仏閣などは朱色がうまく再現出来ない。コントラストも高すぎてくどい描写。
d0212994_86257.jpg

d0212994_861682.jpg

d0212994_864016.jpg

d0212994_862723.jpg

d0212994_864244.jpg

d0212994_873024.jpg

d0212994_87499.jpg

d0212994_88456.jpg


PowerShot G1 X
Fuji X100 とこのカメラはもはや「コンデジ」とは呼んではいけないカメラだと思う。描写はまんまデジタル一眼そのもの。キレ、ヌケ、ボケの描写が半端でない。画質は一眼、操作性はコンデジ。そういう「オンリー・ワン」のポジションを築いたカメラだ。
d0212994_885330.jpg

d0212994_884720.jpg

d0212994_89076.jpg

d0212994_891467.jpg

d0212994_892737.jpg

このモデルになってから広角端の歪曲収差がほとんどみられなくなった。おそらく Digic V エンジンで補正をかけているのだと思うが、あとでレタッチの必要がなくなってたいへん楽になった。
d0212994_8101680.jpg

【比較】去年 PowerShot G12 で撮った、同じ被写体。構図は違うが歪曲の具合は分かると思う。広角端ではタル型の歪曲収差が大きく、ソフト側で修正しないと使えなかった。
d0212994_10282012.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-05-05 08:10 | 風景・建物