2012年 05月 12日

FA77mm F1.8 Limited & K-7 (大阪編)

難波で試写。いやいや、素晴らしい写りだ。花の描写はペンタックスのお家芸。
d0212994_22571100.jpg

d0212994_22571172.jpg

d0212994_22572376.jpg

d0212994_22573998.jpg

d0212994_22593660.jpg

d0212994_22595322.jpg

建物の内部で撮影するときも、K-7 はシャッター音がきわめて小さいので他人の迷惑になりにくい。
d0212994_22575496.jpg

d0212994_2258811.jpg

d0212994_22581696.jpg

d0212994_22583545.jpg

d0212994_22585298.jpg

d0212994_2259675.jpg

[PR]

# by vision42 | 2012-05-12 22:59 | 風景・建物
2012年 05月 11日

PENTAX K-7 Limited Silver 到着

このタイミングで入手することになるとは思わなかったが、マップカメラで出ていた中古美品 K-7 Limited Silver を 61,800円で入手した。アイカップ欠品で安くなっていたのだが、予備アイカップは持っているので問題なし。

今さらという感もあるが、実物を手にしたらそんな考えは吹き飛んだ。大変高級感があり良いモノ感に溢れた逸品なのだ。K-5 オーナーの目から見ても、カメラとしての機能も正直不満を感じない。デジタル一眼は K-5 が一つのエポックだったと思うが、K-7 で既にコンセプトは完成していたのだ。K-7 に積まれた Samsung 製 CMOS センサーも、今見れば悪くない。高感度がノイジーというが、粒の揃ったフィルムライクな粒子感にはむしろ好感を持てる。自分はカスタムで ISO1600 超に対して高感度NR「強」がかかるように設定したので、 ISO1600 以下ではNRがかからない。それでもかなり使えるし、 Lightroom でノイズ処理してしまえば良いこと。

このカメラの最大の売りは、FA Limited レンズと合わせたカラーリングだ。どのレンズも解放F値が2を切るハイスピードレンズであり、ISO を上げなくても大抵のものは撮影できる。また FA Ltd を付けたカメラを単に眺めているだけでも楽しいビジュアルをもっている。

FA77mm/F1.8 Limited レンズを装着してみた。
d0212994_1502878.jpg

ホットシューカバーは、たまたま手持ちジャンク品の中にあったオリンパス製のシルバー色を付けてみた。色味はボディ色とぴったりで驚いた。ヤスリで成形してカメラのシュー形状に合わせた。
d0212994_1511872.jpg

d0212994_1513381.jpg

アイカップは手持ちの純正品(K-5用)とオプション品(拡大アイカップ)の両方がある。これは拡大アイカップ。接眼部に厚みがあるので、カメラを構えたときに鼻の頭が液晶カバーに触れにくい。
d0212994_1514895.jpg

昔の K100D super に限定品で付属していた、 Artisan & Artist 特製ネックストラップを付けた。
d0212994_1521491.jpg

d0212994_1522644.jpg

このレンズが一番このカメラボディにマッチしている気がする。
d0212994_1524039.jpg

七宝焼きの取り付け指標。エメラルドグリーンが美しい。
d0212994_1525210.jpg

[PR]

# by vision42 | 2012-05-11 13:29 | カメラ