タグ:7D ( 9 ) タグの人気記事


2011年 12月 25日

祇園・清水寺・京都散歩(Canon 7D編)

d0212994_12243056.jpg

d0212994_12244733.jpg

d0212994_122565.jpg

d0212994_12253892.jpg

d0212994_12255980.jpg

d0212994_12261245.jpg

d0212994_12262756.jpg

d0212994_12264060.jpg

d0212994_12265357.jpg

d0212994_12271153.jpg

d0212994_1227329.jpg

d0212994_12274973.jpg

d0212994_1228137.jpg

d0212994_12281654.jpg

d0212994_12291270.jpg

d0212994_12284032.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-25 12:30 | 風景・建物
2011年 12月 20日

京都・嵯峨嵐山ライトアップ 『京都花灯路』(2)

これも 7D で撮影。
メインストリートに戻る。
d0212994_2324486.jpg

d0212994_2325524.jpg

d0212994_233683.jpg

d0212994_2331673.jpg

d0212994_2333154.jpg

d0212994_233442.jpg

d0212994_234213.jpg


渡月橋を渡る。
d0212994_234212.jpg

d0212994_2343513.jpg

d0212994_2344670.jpg

d0212994_235175.jpg

d0212994_2351964.jpg

d0212994_2353316.jpg

d0212994_2355595.jpg

d0212994_2361214.jpg

d0212994_2362924.jpg


d0212994_2364766.jpg

d0212994_2365995.jpg

d0212994_2371173.jpg

d0212994_2372487.jpg

d0212994_2374264.jpg

d0212994_2375565.jpg

d0212994_2381099.jpg


d0212994_2382463.jpg

d0212994_2384035.jpg

d0212994_2385066.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-20 23:08 | 夜景
2011年 12月 20日

京都・嵯峨嵐山ライトアップ 『京都花灯路』(1)

■Canon 7D + Tamron 17-50mm/F2.8 で撮影。
JR嵯峨嵐山駅前からスタート。
d0212994_2249347.jpg

d0212994_22494429.jpg

d0212994_22495938.jpg

d0212994_22501421.jpg

d0212994_22503489.jpg

d0212994_22504489.jpg

d0212994_2251011.jpg


竹林のライトアップ。
d0212994_22512384.jpg

d0212994_2251349.jpg

d0212994_2251438.jpg

d0212994_22515757.jpg

d0212994_225212100.jpg

d0212994_22522441.jpg

d0212994_22525396.jpg

d0212994_2253638.jpg


常寂光寺と季節外れの紅葉。
d0212994_22532857.jpg

d0212994_22534055.jpg

d0212994_2254118.jpg

d0212994_22541979.jpg


二尊院・落柿舎。
d0212994_22545962.jpg

d0212994_22543972.jpg

d0212994_22552879.jpg

d0212994_22553894.jpg

d0212994_22555334.jpg

d0212994_2256440.jpg

d0212994_22572019.jpg

d0212994_22573865.jpg

d0212994_2258681.jpg

d0212994_22583212.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-20 22:59 | 夜景
2011年 11月 29日

京都・東山の紅葉

d0212994_7191477.jpg

d0212994_7172840.jpg

d0212994_7173965.jpg

d0212994_7175024.jpg

d0212994_718029.jpg

d0212994_7181984.jpg

d0212994_7183560.jpg

d0212994_7185750.jpg


d0212994_7193491.jpg

d0212994_7194875.jpg

d0212994_720082.jpg

d0212994_7201256.jpg

d0212994_7202392.jpg

d0212994_720371.jpg


d0212994_72106.jpg

d0212994_7211534.jpg

d0212994_7214150.jpg

d0212994_7215696.jpg

d0212994_7221842.jpg

d0212994_7223883.jpg

d0212994_7225393.jpg

d0212994_7231723.jpg

d0212994_723384.jpg

d0212994_724662.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-29 07:24 | 風景・建物
2011年 11月 27日

京都市動物園

Canon 7D + EF-S18-135mm で撮影。

EF-S18-135mmは、7Dを購入したときに付いてきたキットレンズだったので、あくまで「オマケ」程度にしか考えておらず、今まであまり使うこともなかったのだが、ふと気が向いて7Dに付けて持ち出してみた。使ってみるとこれがなかなか具合がよろしい。Canon 18-200やTamron 18-270のように焦点距離を欲張っていない分、廉価版レンズにもかかわらずかなりシャープに写る。ネットでも評価は今ひとつのようだが、抜群に高C/Pのレンズだと思う。

野鳥ケージの柵の間から狙う。
d0212994_2033386.jpg

ワオキツネザル
d0212994_2034472.jpg

d0212994_20343248.jpg

サル山にて
d0212994_20345517.jpg

この山のボス
d0212994_20351114.jpg

d0212994_20352315.jpg

ペンギン舎
d0212994_20353877.jpg

レッサーパンダ。笹の葉を食べたり木によじ登ったりする姿に愛嬌がある。
d0212994_20355556.jpg

d0212994_20362017.jpg

d0212994_2036336.jpg

d0212994_2037773.jpg

d0212994_20372551.jpg


動物園内外の紅葉も綺麗だった。
d0212994_20374197.jpg

d0212994_2038087.jpg

d0212994_20381215.jpg

d0212994_20382551.jpg

d0212994_20384560.jpg

d0212994_20385785.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-27 20:39 | 雑記
2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm Di II VC PZD の AF 微調整

帰宅して早速AF微調整を行った。予想通り前ピンだったので、ピント位置を+5に調整したらジャスピンになった。今までこの機能を使ったことがなかったのだが、メーカーにピント調整に出す必要がなくなるので大変重宝する。
d0212994_21393722.jpg

テスト撮影。100m先の照明塔を270mmテレ端(F8)で撮影。
d0212994_21462050.jpg

F値を変えながら撮影したものを等倍クロップ。これは絞り開放のF6.3。
使えなくもないが、エッジがソフトでコントラストも若干低め。しかし全体にボケているのではなく芯がしっかりあるので、ピント自体はきっちり来ているようだ。
d0212994_21465813.jpg

F8の描写。ばっちり解像し、コントラストも上がっている。
1/3段絞ったF7.1ですでに像は安定しており、F8で最も良くなるようだ。
d0212994_21471845.jpg

F11まで絞り込むと、小絞りボケで却って解像度は低下する。これ以上絞っても結果は同じ。
d0212994_21473093.jpg


場所を変えて焦点域ごとの解像度を確認する。絞りはF8固定。撮影距離は地図上で約70m。
18mmワイ端。
d0212994_21533411.jpg

ズーム中間域の100mm前後。
d0212994_21534847.jpg

270mmテレ端。
d0212994_2154378.jpg


テレ端の等倍クロップ比較。
絞り開放のF6.3。細部はやはり甘め。全体リサイズなら問題なしだが、シビアに追い込むなら少し絞って撮るべし。
d0212994_21575584.jpg

F8だと解像度が上がる。自販機の「ブレんなよ!」の文字が読みやすい。もちろん手ぶれ補正オンなのでブレません。
d0212994_215894.jpg


ビネッティングの様子。ワイ端、絞り開放 (F3.5) では若干の周辺光量低下が見られる。
d0212994_21582653.jpg

F5 まで絞ればほぼ問題ないレベルにまで改善する。F8でビネッティングは完全に消失する。
d0212994_2158451.jpg


上と同じ構図でテレ端までズーム。撮影距離は地図上で約200m。
なかなか良く写るようになった。これは使えそうなレンズだ。
d0212994_2159493.jpg

d0212994_21591559.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:50 | レンズ
2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD テスト

リニューアルしてコンパクト化、高性能化を果たした Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)。15倍という高倍率と、ピエゾモーターを使ったAFが目玉だ。高倍率ズームズムレンズは、以前 PENTAX K10D に付けていた DA18-250mm(売却済み)というレンズを良く使っていた。これは Tamron から PENTAX に OEM 供給されていたレンズで、中身は Tamron 18-250mm そのものである。現在はディスコンとなっており、現行の PENTAX 用高倍率ズームレンズは Sigma 18-250mm OS HSM しか存在しない。

自分はどうしても新しい Tamron B008 を使ってみたかったので、結局 Canon 7D 用として購入した。従来モデルより小型化され、ピエゾ素子を使ったモーターによる静かで高速な AF、効きの大きい手ぶれ補正 VC に期待していた。7D用には標準ズームとして Tamron 17-50mm/F2.8 という極めて優れたハイコストパフォーマンスレンズを持っていたので、高倍率ズームも迷わず Tamron 指名買いだった。
d0212994_2154933.jpg

大柄なボディの7Dには旧型の大きな鏡胴の方が重量バランス的にマッチするように感じるのだが、小型軽量化された新型を好む人の方が多いようだ。フードを付けるとそれなりに見栄えがする。
d0212994_2161561.jpg

AFは爆速ではないが、無音でススッと小気味良く合う。PENTAX レンズの SDM(超音波モーター) の動作に似ている。さすがに Canon EF70-200mm/F2.8 のリング USM のような爆速AFと比べると動作速度は劣るが、実用上不満はない。
d0212994_2162743.jpg


試しに色々試写してみたが、どうも描写がおかしい。全体にもっさりした感じでエッジが甘い。
アオサギの羽毛は全く解像していない。これでは安物のコンデジ並だ。
アオサギの頭にこんなツノみたいな羽毛って、あったっけ?
d0212994_2116034.jpg

遠景だと一見シャープに見えるが、等倍表示するとピントがどこにも合っていないようだ。
d0212994_21161732.jpg

近景だとさらに顕著で、葉脈が解像されていないのが分かる。
d0212994_21165075.jpg

ズーム域の広さはかなり便利だ。これは遠景を望遠で撮り、圧縮効果を狙った。
d0212994_2117289.jpg

看板も等倍でチェックすると細部が甘い。もしかして自分の評価がシビアすぎるのか? 所詮便利ズームだから画質を期待するのは酷な話か?
d0212994_21172096.jpg

それでもまあまあ解像している写真もある。う〜む、不思議だ。
d0212994_211732100.jpg

紅葉も何枚か撮ると、3枚に1枚くらいはまあまあシャープな画像が得られるが、どうも不安定だ。
d0212994_21174935.jpg

極めつけはこの写真。ピントは来ないが、これでピンときた(笑)。このレンズはわずかにピンズレしているのだ。
d0212994_2118950.jpg

確認のために夜景も撮ってみる。やはり細部はかなり甘い。おそらく前ピン状態だろう。そうと分かれば話は早い。7DにはAFマイクロアジャストメント機能があり、ボディを一括調整またはレンズ毎に個別調整することが可能だ。
d0212994_2118458.jpg

d0212994_2119869.jpg

d0212994_21192679.jpg

d0212994_21194062.jpg

AF微調整の結果は次のブログにて・・・
果たしてバチピンのキレキレ描写をモノにすることは出来るのか?
[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:20 | レンズ
2011年 11月 13日

一眼レフ描写の "プレゼンス presence"

近年、性能向上が著しいデジカメ。とくにコンデジの発展は目覚ましいものがある。ほぼ一眼レベルと呼んで良いほどの描写を見せるハイエンドコンパクトも存在するので、色々使うのが楽しみなのだが、一方で時々一眼を持ち出して撮影してみると、「やっぱり違うな」と思うことが多々ある。

何が違うのかと聞かれると困るのだが、単なる精細感や背景ボケなどの違い以上の何か、それこそ「実在感」「現前感」ともいうべき何か、それをとりあえず「プレゼンス presence 」とでも呼ぶことにしよう。そのプレゼンス感がある限りにおいて一眼の優位性は崩れないように見える。将来コンデジがこのプレゼンス感を、一眼と同じレベルで描出するようになったなら、そのときは一眼を使うのを辞めようかと考えている。

まあ値段や機能性が違うから当然でしょうと言われてしまえばそれまでなのだが、一眼をメインに使う自分にとって、サブ機としてのコンデジがどこまで一眼の描写に迫ることが出来るかについての個人的興味は、絶えることがない。
d0212994_2349504.jpg

d0212994_2350478.jpg


たまたま F550EXR と 7D (+ EF-S15-85mm IS USM) で同じように猫の写真を撮っていて思ったのは、プレゼンス感の明らかな違いである。 7D / F550EXR の比較では、 7D で撮った方が「そこにいる感じ」が強く伝わってくるような気がする。

7D
d0212994_23412189.jpg

F550EXR
d0212994_23413679.jpg

7D
d0212994_23432945.jpg

F550EXR
d0212994_23422447.jpg


以下、7D の作例。ホームセンターの花売り場にて。
d0212994_2347661.jpg

d0212994_23473166.jpg

d0212994_23465611.jpg

d0212994_234745100.jpg

d0212994_23475534.jpg

d0212994_23481671.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-13 23:50 | カメラ
2011年 08月 27日

Canon 7D & EF-S15-85mm で街中スナップ

EF-S15-85mm F3.5-5.6 というレンズをアウトレットで安く入手した。
d0212994_10514860.jpg

もともと7Dのレンズキットとして抱き合わせ販売されているものだが、7Dを購入するときにこのレンズキットを選択しなかった。というのは、性能に対する価格設定が高すぎるのと、ズーム域によってF値が変化するのが気にくわなかったから。一眼の標準ズームはF2.8通しでナンボのモンという、かなり頑固な考えがあるので、PENTAXではDA★16-50mmF2.8が自分の中ではスタンダードズームである。Canon 機でもまず最初に購入したのは安価な Tamron 17-50mm F2.8 だった(安物とはいえ描写はかなり高水準のレンズだ)。

で、今頃なんでわざわざ EF-S15-85 なのかというと、単なる気まぐれというのもあるが、15mm スタートのワイドレンジズームにアドバンテージを感じたからだ。これは 5DII & EF24-105mm F4 を使って認識を新たにしたのだが、常用ズームとしてこの焦点域の設定は絶妙なのだ。7DにEF-S15-85を組み合わせると換算焦点距離は約24-136mmとなり、ほぼその焦点域と重なる。テレ端が換算136mmでちょびっとEF24-105より長いというのもミソだ。今回マップカメラでアウトレット品(レンズキットをばらした新同品)が約6万円で出品されていたので即座に注文した。店頭実売価格8〜9万円はあまりにも高いし、このレンズ性能なら6万くらいが妥当だと思う。

安っぽい銀色の鉢巻きが気にくわないので、Lレンズ風の赤鉢巻きに加工した。
d0212994_10535082.jpg


このカワセミは7D&EF400mmF5.6 で撮影したもの。久々に出かけて河原を散歩しながら撮ったものだが、ラッキーにもちょうどカワセミが飛んできた。飛び込みのチャンスは逸したが、捕食は捉えることが出来た。
d0212994_0251150.jpg

d0212994_024582.jpg


ここから下は EF-S15-85mm での撮影。Pモードで気楽に撮ったものだが、F値のネガは特に感じず、なかなか良い感じに撮れている。猫のアップはたまたま室内で足許に来たうちの猫を撮ったのだが、薄暗かったので ISO2500 まで上がっている。それでもこの程度のクリアさで写れば充分。
d0212994_0244018.jpg

d0212994_0242230.jpg

d0212994_023442.jpg

d0212994_0232955.jpg


買い物ついでに撮り歩いた京都駅周辺の風景。
まずはちょっと腹ごしらえ。ヨドバシ京都店の6階にあるラーメン店で。
d0212994_023248.jpg

d0212994_0224641.jpg


京都駅前の地下街 Porta にて。
このレンズは癖玉で、初期ロットには不良品が頻発したらしく、異常な周辺減光や歪曲、色収差がみられた個体があったらしい。その風評もあってあまり売れなかったレンズでもある。

しかし最近のロットは密かに改修されたのだろうか、とても良い写りだ。少なくとも自分の手にした個体は素晴らしくキレのある描写で、周辺減光や歪曲も極小であった。あわてて初期ロットに手を出さなくて良かった。ズーム域によってはわずかに歪曲収差がみられるが、まぁ高倍率ズームなんだから、これくらいは仕方ないでしょうというレベル。
d0212994_0222411.jpg

d0212994_0203217.jpg

d0212994_0204087.jpg


京都駅ビルと京都駅構内。
d0212994_0195493.jpg

d0212994_1231884.jpg

d0212994_020964.jpg

d0212994_0194053.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-08-27 00:46 | 風景・建物