タグ:EX-ZR100 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 12月 18日

京都府立植物園のクリスマスイルミ

■ Casio EXILIM EX-ZR100
「逆光補正HDR」「HS夜景(高速連写合成)」モードを多用したが、普通にオートで撮ってもきれいに夜景が撮れるので驚く。しかし画質はやはりコンデジ。拡大するとアラが目立つので、原則として全体リサイズでのみ鑑賞すべし。
d0212994_1434174.jpg

d0212994_14343126.jpg

d0212994_1434518.jpg

d0212994_14351149.jpg

d0212994_14352655.jpg

d0212994_1436152.jpg

d0212994_14362714.jpg


■ Canon 5D markII + Sigma 50mm/F1.4 HSM
先日の清水寺夜間拝観でも使ったセット。全て RAW 撮り→ Lightroom 3.6 で現像した。
夜景のほぼ全てを F2 で撮影した。Sigma 50mm は円形絞りなので、開放で写すと点光源がきれいな円になる。
d0212994_1439416.jpg

d0212994_1440451.jpg

d0212994_14402374.jpg

d0212994_14404650.jpg

d0212994_1441275.jpg

d0212994_14432646.jpg

d0212994_14434239.jpg

d0212994_1444617.jpg

d0212994_14442255.jpg

d0212994_14444089.jpg


d0212994_1445681.jpg

d0212994_14452314.jpg

d0212994_14453838.jpg

d0212994_14455444.jpg

d0212994_1446161.jpg

d0212994_14463018.jpg


d0212994_1446591.jpg

d0212994_14472266.jpg

d0212994_14473753.jpg

d0212994_1447506.jpg

d0212994_1448429.jpg

d0212994_14482712.jpg

d0212994_14484439.jpg

d0212994_1449026.jpg

d0212994_14491323.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-18 14:49 | 夜景
2011年 12月 10日

Casio EXILIM EX-ZR100 の高速連写HDR / Art機能

HDR Art 機能にはあまり興味が湧かなかったのだが、使ってみると意外に面白い。この機種になってから HDR Art レベルを3段階に調整出来るようになった。ただし通常 HDR にはレベルの調整がない。現行 ZR200 も同じ仕様。これがちょっと不満ではある。

その場の雰囲気で何となくモードやレベルをチェンジしながら撮影しているので、どれがどの設定なのか、自分でも分からなくなってしまった。HDR Art の「レベル3」は、極端に色味が誇張されるので、たぶんあまり使っていない。
d0212994_14444125.jpg

d0212994_14445795.jpg

d0212994_14451451.jpg

d0212994_14452647.jpg

d0212994_14455480.jpg

d0212994_14453753.jpg


d0212994_14461238.jpg

d0212994_14462363.jpg

d0212994_14464135.jpg

d0212994_14465235.jpg

d0212994_1447532.jpg

d0212994_14471872.jpg


d0212994_14473737.jpg

d0212994_14475380.jpg

d0212994_14481290.jpg

d0212994_14482220.jpg

d0212994_14483598.jpg

d0212994_1449280.jpg

d0212994_14492367.jpg

d0212994_14493795.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-10 14:52 | カメラ
2011年 12月 10日

Casio EXILIM EX-ZR100 の基本描写性能

ZR100 は、ひとことで言えば「誰が撮っても絶対失敗しない、超便利万能カメラ」。とにかく適当に撮っても実に良く写る。撮影者の技能の差を、電子技術による自動補正機能が全部カバーしてくれる。カメラというより、ハイテク光学記録装置だ。
d0212994_14305271.jpg

d0212994_1431049.jpg

普通なら空が白トビ、建物が黒潰れとなるが、通常HDRモードで撮れば簡単に見た目通りに写る。
d0212994_14311269.jpg

d0212994_14312131.jpg

色乗りや解像感も良好。
d0212994_14313010.jpg

d0212994_14314514.jpg

d0212994_14315494.jpg

d0212994_1432361.jpg


ワイ端(24mm相当)。
d0212994_143726100.jpg

テレ端(12.5倍 300mm相当)。
d0212994_14375136.jpg

テレ端+シングル超解像ズーム(18.8倍 450mm相当)。橋脚にカワセミが止まっているのが視認出来る。
d0212994_1438596.jpg


ワイ端。
d0212994_14382386.jpg

テレ端(12.5倍)。
d0212994_14383568.jpg

テレ端+シングル超解像ズーム(18.8倍)。
d0212994_14384884.jpg

テレ端+高速連写マルチ超解像ズーム(25倍)。フィルム換算600mmの焦点距離になる。これは凄いと思う。等倍で見ると輪郭が怪しいが、全体リサイズなら充分実用的。
d0212994_1439697.jpg


通常描写(暗部補正オフ)。
d0212994_14393822.jpg

通常描写(暗部補正オン)。これだけでも相当効果がある。
d0212994_1439588.jpg

ノーマルHDRモードによるDレンジ補正。
d0212994_14416100.jpg

HDR Art レベル1。
d0212994_14412244.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-10 14:32
2011年 12月 10日

PENTAX Optio S1(CR) / Casio EXILIM EX-ZR100

携帯電話みたいに普段から持ち歩いて、これと思ったときにサッと撮影出来るカメラ。高級でなくて良いし写りも平凡で良い。新型機種でなくて、ある程度定評のある旧機種で現在底値と思われるもの。

・・・という選択肢で利便性重視での購入となった PENTAX Optio S1(CR) / Casio EXILIM EX-ZR100 。とくに Optio S1 はかなりコンパクトで軽いし、持ち運びが楽だ。これは通勤鞄に入れっぱなしにしておくことに決定。アルミ金属筐体にクロームメッキという外装も綺麗でよい。指紋や傷が目立ちやすそうだが、そんなことはご愛敬。
d0212994_12295329.jpg

そしてこちらが旧型 EX-ZR100 。P300を買うときに現行の ZR200 と迷った経緯があるが、やはりカシオ独自の超高速連写を生かした画像合成機能に魅力を感じ、試してみたくなった。

カシオというと時計や電卓のイメージが強いが、実は世界で初めて民生用デジカメ QV-10 をプロデュースしたメーカーとして、コンデジ界ではパイオニア的存在。既存のカメラ専従メーカーとは異なり、画質よりもあえて電子技術で勝負し、常に新しいものを提案するという姿勢も好感が持てる。
d0212994_12302352.jpg

とはいえこのZR100、撮像素子はソニー製、レンズはオリンパス製なので、カメラとして決して出来が悪いわけではない。むしろブランド抜きで考えればかなり良い写りをするカメラと言える。その証拠に若い世代にバカ売れした人気商品でもある。

2台を並べてみる。背後のカメラケースはユリシーズ製。
傍から見ればまたまた無駄なコレクションが増えたともいえるが、毎回取っ替え引っ替えしながら写して試すのが趣味の自分にとっては、楽しみが増えたという意味合いの方が大きい。
d0212994_12303483.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-10 12:30 | カメラ