タグ:K-5 ( 8 ) タグの人気記事


2011年 11月 20日

PENTAX A50mm F1.2 (with K-5)

PENTAX 史上最も明るいレンズと言われた A50mm/F1.2 。リファレンス・レンズとして工業用検査機器にも使用されていたらしい。今ではディスコン品だが、京都ヨドバシでは8万オーバーのプライスタグが付けられた A50/1.2 がガラス棚の隅に鎮座している。

自分は昔に中古美品を3万円ほどで入手したので、かなりラッキーだった。昔所有していた A28mm/F2 同様、中古市場で見かけることはほとんどなく、出てもすぐに売れてしまうレア品らしい。まぁ、そんなことはどうでも良い。写りの良いレンズなら何でも大歓迎だ。写真では UN製のメタルフードを装着している。
d0212994_10235992.jpg

フィルム時代のマニュアルレンズとはいえ、デジタルでもかなり使える印象だ。絞り開放ではさすがにシビアで使いこなしが難しいが、2段以上絞ればキリリと引き締まった描写を披露してくれる。
d0212994_10241193.jpg


絞り値ごとの描写の変化。自分の腕時計を被写体に、撮影最短距離(45cm)で撮影。ピントは最短固定で、身体をわずかに前後に動かしてピント位置を文字盤に持って行った。それでも文字盤中央にピントを持って行くのは至難の業で、このサンプルでも微妙にリング部分にずれたりしている。

F1.2 
どこにピントが来ているのか分からないくらい、ピント面は激薄だ。全体にフレアーがかってコントラストも低い。
d0212994_10272149.jpg

F2.0
これくらいから像が安定してくる。各種収差も抑え込まれ、クリアになってくる。リファレンス・レンズの面目躍如だ。
d0212994_10273489.jpg

F2.8
日差しが強くなってきたこともあるが、エッジもコントラストも良好。ブツ撮りは基本これくらいの絞り値からが適正だろう。
d0212994_1027441.jpg

F4
ピントがリングの「20」の位置に行ってしまっている。文字盤が不鮮明なのは自分の失敗。しかし指輪などの小物類なら全体がすっぽり被写界深度に入ってくる。商品のカタログ写真などは F4-5.6 くらいが良いだろう。
d0212994_10275552.jpg


F1.2 ここから3枚は全部ピント合わせ失敗。老眼だけのせいには出来ないなぁ・・・
d0212994_10245021.jpg

F2.8
d0212994_1025354.jpg

F4
d0212994_10251290.jpg


気を取り直してライブビューの拡大機能を使ってシビアに追い込んだ。
F1.2 近景
d0212994_10255742.jpg

F1.2 一歩下がって撮る。まあまあかな。
d0212994_10261285.jpg

F2 これもOK。マクロ撮りでなければ、さほど神経質にならなくても使える印象だ。
d0212994_10262026.jpg


猫のアップ。これも細心の注意を払ってライブビューで撮影。
F1.2 鼻のあたりにピント。全体に柔らかな印象になるので、小動物や子供を撮るには案外良いかもしれない。
d0212994_10263796.jpg

F2 これくらいが安心して撮れるし、絵も破綻しにくい。
d0212994_1026538.jpg


同じ焦点域では最新の DA★55mm/F1.4 SDM も気になるところだ。こちらは F1.4 開放からきちんと解像するらしいから凄い。そのうち入手して撮り比べてみるか・・・
[PR]

by vision42 | 2011-11-20 10:28 | レンズ
2011年 09月 11日

Caotic OSAKA (Distagon T*2.8/25 フィールドテスト)

K-5 & Distagon 25mmF2.8 の組み合わせで、色々撮ってみた。Ultron 40mm も持参したが、出番はなかった。25mm は街中スナップには最適の画角であることを認識した。

Distagon の特徴として、開放絞りだと近接撮影時ではピントはかなりナーバスだが、被写体から3m以上離れるとパンフォーカスとなり、ピントリングを∞に合わせておけばあらゆるスナップ撮影が可能となる。ピントリングを操作する必要がないのだ。つまり、高画質「写るんデス」状態となる。あとはエッジのシャープさが必要ならF5前後まで絞ればよい。

広角マクロならF2.8〜F4の範囲内で調整すればよい。きわめて簡単だ。扱いやすいレンズともいえる。今回は大阪の色んな表情を撮ってみた。

京阪天満橋駅周辺を色々と。
d0212994_22534110.jpg
d0212994_22532192.jpg
d0212994_22525963.jpg
d0212994_22524250.jpg


難波の法善寺横町界隈。このあたりはかなりカオス的な空間だ。
江戸自体からの変わらぬ風景と、現代の混沌とが共存する街。
d0212994_22522132.jpg
d0212994_22512275.jpg
d0212994_2250478.jpg
d0212994_22503620.jpg
d0212994_22502397.jpg
d0212994_2250929.jpg
d0212994_22495791.jpg
d0212994_22494788.jpg
d0212994_22493644.jpg


もう、メチャクチャな感じ。
d0212994_2249235.jpg

その向かいにお洒落なレストランがある。訳が分からない。
d0212994_2249384.jpg

d0212994_22485482.jpg

京都に戻ってきて、ホッとする。
パンフォーカスとなると、開放絞りでもこれだけ解像する。薄暗い夕景だが、ISO160の低感度で撮影出来る。
d0212994_22484417.jpg
d0212994_22483354.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-09-11 22:53 | 風景・建物
2011年 09月 11日

CarlZeiss Distagon T* 2.8/25 ZK テスト撮影

Zeiss の Distagon 25mm F2.8 と K-5 でのテスト。
このレンズの特徴は開放からキレキレのカミソリピント、そして前玉直近まで接近出来る広角マクロ撮影が可能なこと。フードを付けておかないと、うっかりすると被写体がレンズに当たってしまう。

でも絞り開放での描写は、ピントが薄すぎて実用的ではない。広角マクロ撮影では、若干絞って撮った方が良い。F5.6 までしぼってもそこそこボケてくれる。

F5.6
d0212994_13333416.jpg

F4
d0212994_13332411.jpg

F2.8での近接撮影。カバの目にピント。他は大きくボケる。
d0212994_13331473.jpg

これは長男が冗談で作った、次男坊の立体顔模型(?)
F2.8
d0212994_13325595.jpg

開放絞りで、ピント位置を変えながら撮影。いかにピントが薄いかが分かる。
d0212994_13324792.jpg

d0212994_13323888.jpg

広角マクロの例。これも開放絞りで。
d0212994_13322441.jpg

全体を撮るときは絞るべし。これはF5。
d0212994_13321434.jpg

F5.6だが、これだけは別のレンズで撮影( Sigma 18-125mm/F3.5-5.6)。Sigmaの安いズームでもこのくらい良好な描写をみせてくれる。ISO1000だが全くのノイズレス。K-5のセンサーがいかに優秀かが分かる。
d0212994_133217.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-09-11 13:34 | レンズ
2011年 08月 29日

COSINA Foigtlaender ULTRON 40mm/F2 SLII

知る人ぞ知る、手頃なMFパンケーキレンズ、フォクトレンダー・ウルトロン40mm/F2。KA マウントは既にディスコンなので、流通在庫が払底したら新品で入手することは不可能になる。フジヤカメラで在庫限りとなっていたので、注文した。この焦点域のレンズは DA40mm/F2.8, FA43mm/F1.9 と重なるので紛らわしいが、それぞれ描写傾向が違うので使い分け出来るだろう。

FA43mm/F1.9を付けたK-x。
d0212994_21192964.jpg

これはDA40mm/F2.8。APS-C専用となる。薄さでいえばこれが一番。まさにパンケーキだ。
d0212994_2120187.jpg


デジタル専用で解像度と色乗りの良い DA40、フィルム時代からの繊細な描写で定評のある銘玉 FA43、濃密でしっとりした描写の ULTRON。50㎜よりもこの40㎜域の方が応用範囲が広い。K-x との組み合わせで DA21, DA35 との組み合わせで使うと楽しそうだ。F2の明るさを生かして室内スナップも面白い。

届いたので試写のためにK-5に付けて持ち出している。室内で撮った限りでは予想通りの描写でたいへん良い。開放で柔らかく、それでいて芯のあるボケ方。絞ればシャープになるのでコントロール範囲が広い。色乗りはしっとりして豊か。どちらかというと濃いめの色乗りだ。これならDA40, FA43と使い分け出来る。
d0212994_11383371.jpg


デザインはPENTAXのDA40と良く似ている。ドーム型フードのデザインは、DA40の方が格好良いと思う。金属ボディなのでやたら手にずっしりくる。やや重めに粘って回るヘリコイドはMFレンズらしくて良い。ヘリコイドのゴムローレットが外れやすいという報告もあったが、そんなにゆるゆるな感じではなく、かっちりしている。実売3~4万円の安いレンズなのに高級感が溢れており、パッケージまで上質だ。持っているだけでも良いモノ感がひしひし伝わってくる。
d0212994_11382276.jpg


付属の専用クローズアップレンズを付ければ最短撮影距離25cmまで寄れる。この25cmというのは撮像素子からの距離なので、実際のワーキングディスタンスはレンズ前玉から15~20cm程度だ。
d0212994_11381234.jpg

d0212994_11375567.jpg


凝ったレンズキャップが付くが、やや厚みがある。
MFでじっくり合わせて撮る感じなので速写性に欠けるが、よし撮るぞという気にさせてくれる。
d0212994_11374549.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-08-29 11:38 | レンズ
2011年 08月 11日

宇治川花火大会(K-5編)

地元の花火大会というにはやや遠いのだが、自宅ベランダから望遠で撮影することが出来る。直線距離は約5キロ。出窓にミニ三脚を設置。縦位置ブラケットに K-5 をセットしてレリーズで撮影。撮影機材は前回と同じく K-5 & DA55-300mm だが、今回はサブでコンデジ(Finepix HS20EXR)を併用した。
d0212994_856480.jpg

d0212994_921663.jpg


 

 

 

d0212994_91241.jpg

d0212994_9215021.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-08-11 09:01 | 夜景
2011年 08月 02日

花火撮影 ~大阪・PL花火大会

大阪・富田林市にあるPL教団本部で毎年8月1日に開催される花火大会。
正式名称は「PL教祖祭・花火芸術」らしい。「花火大会」ではなく「芸術祭」というわけね。PL教団の信者の方々の(寄付)おかげで、こんな盛大な花火を無料で見せてもらえる。正直、お金を払って見てもいいと思える唯一の花火大会、もとい芸術祭だ。

撮影は PENTAX K-5, DA55-300mm, 中型三脚, 油圧雲台, リモートレリーズでおこなった。
カメラの設定は、MF、バルブモード、ISO80(最低感度)固定、F=11~16、WB=太陽光、SS=約2~10秒程度。
設定さえしっかりやっておけば、撮影作業そのものはきわめて簡単だ。

 







 

 

 

ここまでくると花火だか山火事だか区別がつかなくなりそうだが、とりあえず「芸術は爆発だ」ということは、よく分かった。


 



ここから下は過去の在庫写真。2008年のPL花火芸術。当時のメインカメラ、K10Dで撮影したものだが、やはり現行 K-5 の方が解像度は勝る。
 


[PR]

by vision42 | 2011-08-02 13:58 | 風景・建物
2011年 06月 25日

マクロ撮影とか 〜RICOH CX4で

CX4 で身のまわりのものを色々撮ってみた。コンデジの画質もなかなかのものだ。F550 と同レベルの描写だ。とくにマクロは強い。レンズ先端が触れる直前まで寄って撮れる。

撮影に出かけるときはあまりたくさん機材を持ち歩かないのだが、最小限の荷物で最高の描写が欲しいときは、この組み合わせに限る。PENTAX K-5, DA★16-50mmF2.8, DA★60-250mmF4。頼りになる組み合わせだ。
d0212994_1759058.jpg

SDMの故障で一度死んだこのレンズ(DA★16-50)。修理で駆動系を全交換し、その後は全く快調に動いている。
d0212994_17583283.jpg

万能望遠ズームの DA★60-250mmF4。以前使っていた DA★50-135mmF2.8 を下取りに出して入手したものだが、素晴らしいキレ味の望遠ズームレンズだ。
d0212994_1758172.jpg

歴代Kシリーズ最高峰の5。この後新型が出てもたぶん買わない。というか買う必要がないと思う。それくらい完成度の高いボディだ。
d0212994_17575999.jpg

ハクバの「カメラ ざ・ぶとん」という撮影補助グッズ。長尺バージョンのものは先端を折り曲げてレンズを支持することができて便利だ。
d0212994_17573464.jpg

バッテリーグリップは、Canonのごついものと違い、手にすっと馴染む抜群のフィット感。
d0212994_17571959.jpg

K-5 の背面。表示は常時消灯しておくこともできるが、表示しっぱなしでも1〜2分ほどすると自動で消灯する。
d0212994_17565757.jpg

縦に構えると表示も縦に変わる。他社カメラではあまり見られない特徴かも。
d0212994_17564384.jpg

何だかんだと色々マクロ撮影。
d0212994_17562999.jpg

d0212994_1756116.jpg

d0212994_17553624.jpg

d0212994_17552171.jpg

近所の紫陽花もついでに撮ってみた。
d0212994_17544677.jpg

R36 のボンネットに青空が映り込んでいたので・・・
d0212994_17543089.jpg

d0212994_17541178.jpg

ルーもついでに。
d0212994_17534659.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-06-25 18:00 | 雑記
2010年 12月 14日

『大阪・光のルネサンス』雨中イルミ本点灯

あいにくの雨だったが、人通りも少なく、自由な構図で撮影できた。濡れた路面への反射がまた幻想的だったのも発見だった。

メインカメラはK-5+DA21, DA40、サブカメラ1はGXR+A12 28mm、サブカメラ2はCX4だが、雨のためCX4は使わず終い。GXRはピント歩留まりが悪く、効率が上がらなかった。その点、高感度が多用できてAFも正確、おまけに防滴仕様のK-5は快適だった。9割以上をK-5で撮った。
d0212994_20202059.jpg

d0212994_20203672.jpg

d0212994_20205492.jpg

d0212994_20211758.jpg

d0212994_20213629.jpg

d0212994_20215656.jpg

d0212994_20221693.jpg

d0212994_2022418.jpg

d0212994_20241830.jpg

d0212994_20243882.jpg

d0212994_20225761.jpg

d0212994_20231125.jpg

イルミネーションそのものは基本的に前年度踏襲だが、それなりに綺麗に撮れた。GXRは暗所でのAF精度が問題だが、色再現性は素晴らしく、AWBもK-5より正確だった。まさに「見た目通り」に撮れる稀有のカメラだ。


12/20追加分 『光のタペストリー』上映会
K-5 & DA40mm Limitedでの撮影。ISO6400まで上げたので明るく撮れているが、実際は上映中でもかなり暗く、足下が覚束ないほどであった。それでもK-5のAFはよく食いついてくれた。
d0212994_11541398.jpg

d0212994_11543276.jpg

d0212994_120172.jpg

d0212994_1204040.jpg


GXR & A12_28mmでの撮影。暗所でのAFはかなり信頼性に欠けるので、MFを使用。それでもピントの視認性が悪く、残念な仕上がりになった。
d0212994_11582215.jpg

d0212994_1158458.jpg

d0212994_11591697.jpg

[PR]

by vision42 | 2010-12-14 20:25 | 夜景