タグ:P300 ( 7 ) タグの人気記事


2011年 12月 25日

祇園・清水寺・京都散歩(Nikon P300編)

d0212994_12321061.jpg

d0212994_12321940.jpg

d0212994_12323034.jpg

d0212994_12324324.jpg

d0212994_123334.jpg

d0212994_12331531.jpg

d0212994_12333086.jpg

d0212994_12333984.jpg

d0212994_12335142.jpg



d0212994_12341291.jpg

d0212994_12342759.jpg

d0212994_12344518.jpg

d0212994_1235415.jpg

d0212994_12351644.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-25 12:37 | 風景・建物
2011年 12月 20日

2011大阪『光のルネッサンス』本点灯

■ Nikon P300 で撮影。このカメラ、夜景にはすごく強いな。開放絞りで適当に撮ったが、ほとんど失敗がない。
d0212994_20582024.jpg

d0212994_20583846.jpg

d0212994_20585852.jpg

d0212994_20591596.jpg

d0212994_20592417.jpg

d0212994_20594089.jpg

d0212994_210723.jpg

d0212994_2102075.jpg


■ PENTAX K-x / DA35mmF2.4 の組み合わせで。これはややAFが不安定だった。開放絞りだと眠い絵になりがちなので、F2.8-4程度に絞った写真が多い。
d0212994_2123538.jpg

d0212994_2125910.jpg

d0212994_2131271.jpg

d0212994_2133047.jpg

d0212994_2135257.jpg

d0212994_214866.jpg

d0212994_2142598.jpg

d0212994_2145399.jpg

d0212994_215763.jpg

d0212994_2152272.jpg

d0212994_215394.jpg

d0212994_2155368.jpg

d0212994_216886.jpg

d0212994_2162116.jpg

d0212994_2164068.jpg

d0212994_2165640.jpg

d0212994_217165.jpg

d0212994_2172742.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-20 21:06 | 夜景
2011年 12月 04日

Nikon P300 の通常描写で遊ぶ

通常描写は平凡。GRDIII ほどキレはないし、LX5 や G12 ほどの精細感もない。良くも悪くも普通としか言いようがない。F1.8のレンズだけは値打ちがあると思うが。
d0212994_2221026.jpg

d0212994_22218100.jpg

d0212994_22212047.jpg


ミニチュアに見えないミニチュアライズフィルター。これはあまり使えない。ピント位置も下方水平固定のみだし、ポップなトイカラーも選べない。仕方ないのでレタッチで彩度だけ上げた。この手のデジタルフィルターは、先駆者の PENTAX が独走状態。他のメーカーは全部その後追いをしつつ、一社とて PENTAX を追い抜いたものはない。

ノーマル撮影
d0212994_22213532.jpg

ミニチュアライズフィルター+レタッチで高彩度に変換
d0212994_22214977.jpg

d0212994_2222792.jpg


クリエイティブスライダーとWB調整で設定を追い込みながら撮影すると、そこそこ見られる絵になる。
d0212994_22222236.jpg

d0212994_22223229.jpg

d0212994_22225856.jpg

d0212994_22231349.jpg

そろそろ始まるイルミネーションの準備。大阪・淀屋橋界隈の「光のルネッサンス」メインストリート。
d0212994_22233312.jpg

d0212994_22235268.jpg

ここの花はいつ見てもよく手入れされている。
d0212994_2224789.jpg

d0212994_22242295.jpg


d0212994_22244021.jpg

d0212994_22245196.jpg

d0212994_22251727.jpg

d0212994_22252915.jpg

ノーマルのワイ端描写。
d0212994_22254147.jpg

テレ端描写。等倍で見るのはタブー(苦笑)。
d0212994_2225548.jpg

d0212994_2226979.jpg


ちょっと気に入っているのがシーンモード「夕焼け」と「トワイライト」。結構良い感じになる。
d0212994_22263817.jpg

d0212994_22265393.jpg

逆光補正HDRを使ってみた。
通常撮影 暗部は完全に黒つぶれ状態。
d0212994_22271076.jpg

HDRレベル2 黒つぶれがマシになる。
d0212994_22272299.jpg

HDRレベル3 ディティールが視認可能になる。
d0212994_2227494.jpg


d0212994_2228569.jpg

d0212994_2228265.jpg

家路を急ぐ男性。
d0212994_22284065.jpg

変わった建物。もとは歯科医院だったが、今は使われていないようだ。
d0212994_22285175.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-04 22:29 | カメラ
2011年 12月 04日

Nikon P300 で「ひとりHDR祭」

P300の「逆光補正HDR」を色々試してみた。レベル1で十分な効果がある。やりすぎると絵が破綻する。

通常撮影
d0212994_21323813.jpg

HDRレベル1
d0212994_21325215.jpg

HDRレベル2
d0212994_2133523.jpg


通常撮影
d0212994_2134780.jpg

HDRレベル1
d0212994_21341696.jpg


通常撮影
d0212994_21342985.jpg

HDRレベル1
d0212994_21344469.jpg

HDRレベル2
d0212994_21345566.jpg

デジタルフィルター「絵画調」で後加工
d0212994_21352219.jpg


通常撮影
d0212994_21354152.jpg

HDRレベル2
d0212994_2135531.jpg

通常撮影
d0212994_2136679.jpg

HDRレベル2
d0212994_21361913.jpg


通常撮影 ドーム部分のディティールが白トビで消失している。
d0212994_2137837.jpg

HDRレベル1 ディティールが完全に再現されている。
d0212994_21372094.jpg

通常撮影 左側のポールが空の明るさの中に消失。
d0212994_2137432.jpg

HDRレベル1 ポールが復活している。
d0212994_21375826.jpg


通常撮影 空が白トビ、暗部が黒つぶれ。
d0212994_21381693.jpg

HDRレベル1 空の色と暗部の階調が戻っている。
d0212994_21382844.jpg

通常撮影 暗部(扉の内部)が黒つぶれ。
d0212994_21384917.jpg

HDRレベル1 暗部の階調が戻っている。
d0212994_2139193.jpg


通常撮影
d0212994_21391765.jpg

HDRレベル1
d0212994_21393091.jpg

通常撮影
d0212994_2140562.jpg

HDRレベル1
d0212994_21401964.jpg

HDRレベル2
d0212994_21403299.jpg


通常撮影
d0212994_21404776.jpg

HDRレベル3 ここまでHDRで誇張するとデジタルアート風になる。
d0212994_2141822.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-04 21:41 | 風景・建物
2011年 12月 02日

Nikon P300 を買った理由 2

普通に撮ると何の変哲もないコンデジ写真。等倍ではとても見るに堪えない、粒子状の輪郭。

でもお任せオートでほとんどのシーンが綺麗に撮れる万能カメラでもある。初心者でも満足だろうし、上級者もサブカメラとして活用出来る。しかしJPEGのみでRAWがないのが難点、縦位置撮影時の自動画像回転機能もなし。再生画面から1枚ずつチマチマ90度回転させてやる必要があり、これはかなり不満。
d0212994_153540.jpg

d0212994_154640.jpg

それでもこのカメラが良いと思えるのは、逆光や高コントラスト被写体に対し、モードダイヤルで逆光補正撮影が一発選択出来る点を買ったから。

逆光補正はデフォルトではデイライトシンクロになっているが、メニュー画面で高速連写HDRを選択出来る。カシオなどのカメラと違うのは、通常HDRで効き具合を3段階に調整出来る点。これが一番気に入った。カシオのカメラは優秀なHDR+HDRアート機能があるが、通常HDRの効き具合の調整が出来ない。実は直前までカシオのEX-ZR200を買うつもりでいたのだが、調整機能がないのを知って却下、代わりにP300を購入した。

逆光補正HDRの効き具合
通常撮影
d0212994_155959.jpg

HDRレベル1  ほとんどのケースはこれで充分対応出来るだろう。
d0212994_161352.jpg

レベル2  これはやや誇張されているが、役に立つ場面もあるだろう。コントラストが低下して全体に白っぽくなるので、元画像をマイナス補正しておくとバランスが良くなるだろう。
d0212994_162692.jpg

レベル3  極端な誇張。アート作品的な利用価値はあるが、普通はあまり使う必要がない。
d0212994_163772.jpg


通常撮影
d0212994_165657.jpg

レベル1
d0212994_17116.jpg

レベル2
d0212994_172576.jpg

レベル3
d0212994_173719.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-02 01:07 | カメラ
2011年 12月 02日

Nikon P300 を買った理由 1

明るいレンズと高画質が売りと言われているが、レンズ以外に積極的な価値を見いだせなかったので、今まで購入を控えていた Nikon P300。画質は凄く良いとは思わない。同じサイズの小さなセンサーでも、PENTAX Q の方がはるかに描写力は上だ。

カードのポイントがかなりたまっていたので、ほぼ底値のP300をヨドバシで購入。ついでに貼り革と純正ケースも、どうせ欲しくなるだろうからポイントでゲット。このケースは前からいいなと思っていた。質感は高くないが、利便性と保護効果が高い。フラップ部分が雨よけになるので、小雨程度だったら首からぶら提げていても問題ないし、両側のホックを外しておけば、いざ撮影となればパラッとフラップをめくり上げて撮影。撮影が終わればパラッとかぶせる。これが良い。
d0212994_050937.jpg

d0212994_0502224.jpg


ワイ端とテレ端。細部の解像度はお世辞にも良いとは言えない。等倍では悲惨な点描状態。トリミングなどせずにあくまでスナップで楽しむべきだ。
d0212994_0504145.jpg

d0212994_0505368.jpg

撮影後にデジタルフィルターを適用することが出来る。PENTAX Q ほど多彩ではないが、お遊び用途には良いだろう。これはミニチュアライズフィルターをかけてみたところ。意外にも一眼レフで撮ったような前ボケを擬似的に演出することが出来た。しかしピント位置と幅の調整は出来ない。強制的にピント下端固定となるので、フレキシブルに調整出来る S95/G12 と比べるとかなり見劣りする。
d0212994_051318.jpg

d0212994_0523740.jpg

クリエイティブスライダーで各種補正や色調整が出来るが、WBはわざわざメニューを開いて選択する必要がある。この辺の作りはかなり使い勝手が悪い。Optio-i10 のようにWBをハードウェアボタンに割り付け出来たらよいのに。
d0212994_053510.jpg

d0212994_0532217.jpg

d0212994_0534134.jpg

d0212994_054264.jpg

d0212994_056133.jpg

d0212994_0563086.jpg

d0212994_0565097.jpg

シーンモード「夕焼け」。露出を少しマイナスに補正してやると、かなり良い感じに仕上がる。
d0212994_058077.jpg

d0212994_0581975.jpg

d0212994_0583897.jpg

これはPモードで。
d0212994_0585454.jpg

d0212994_0591056.jpg

シーンモード「トワイライト」。こんなモードは初めてだ。他社カメラにもないと思う。疑似ブルーモーメントが簡単に演出できる。パープル系の色フィルターがかかったような描写になる。
d0212994_0592489.jpg

d0212994_0594170.jpg

d0212994_0595667.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-02 00:54 | カメラ
2011年 12月 01日

京都・清水寺の特別夜間拝観 (Nikon P300編)

ちょっとした理由があって入手した Nikon P300。夜景撮りには強いとの評判だったので、買った当日に実戦投入。今回は一眼が 50mm 単焦点との組み合わせだったので、広角域を P300 に担当させた。

「手持ち夜景モード」という連写合成機能があるが、これは気にくわない。AWBに固定されてしまうために色温度を手動で設定出来ない。せっかくの紅葉のライトアップも白っぽく補正されてしまうので却下。今回はすべてPもしくはAvモードで、ISO上限800にして撮影。

描写の精密さはフルサイズ一眼の足許にも及ばないが、等倍にしない限り描写のアラは見えにくい。誰が撮っても失敗なく綺麗に写る、超便利カメラだ。オートでガシガシ撮るのも良いだろう。
d0212994_7171515.jpg

d0212994_7172343.jpg

d0212994_7173162.jpg

d0212994_7174334.jpg

暗めの赤は色飽和を起こしかけている。やはりこの辺はセンサーサイズの限界か。
d0212994_7175117.jpg

d0212994_718678.jpg

ところが遠景となると形勢は逆転。一眼よりコンデジの方が使い勝手が良い。絞り開放でもパンフォーカスにしやすく、F1.8 の明るさを強力な武器として撮りまくることができる。
d0212994_718241.jpg

d0212994_7183230.jpg

d0212994_718425.jpg

d0212994_719685.jpg

内蔵のデジタルフィルター機能を使ってみる。撮影後に弄れるので気楽だ。
これは「絵画調」仕上げ。カシオのHDRアートみたいに毒々しくならず、感じの良いイラスト風描写になる。
d0212994_7192792.jpg

d0212994_7193828.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-12-01 07:19 | 夜景