Vision42's photo garage

vision42.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Tamron 18-270mm ( 2 ) タグの人気記事


2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm Di II VC PZD の AF 微調整

帰宅して早速AF微調整を行った。予想通り前ピンだったので、ピント位置を+5に調整したらジャスピンになった。今までこの機能を使ったことがなかったのだが、メーカーにピント調整に出す必要がなくなるので大変重宝する。
d0212994_21393722.jpg

テスト撮影。100m先の照明塔を270mmテレ端(F8)で撮影。
d0212994_21462050.jpg

F値を変えながら撮影したものを等倍クロップ。これは絞り開放のF6.3。
使えなくもないが、エッジがソフトでコントラストも若干低め。しかし全体にボケているのではなく芯がしっかりあるので、ピント自体はきっちり来ているようだ。
d0212994_21465813.jpg

F8の描写。ばっちり解像し、コントラストも上がっている。
1/3段絞ったF7.1ですでに像は安定しており、F8で最も良くなるようだ。
d0212994_21471845.jpg

F11まで絞り込むと、小絞りボケで却って解像度は低下する。これ以上絞っても結果は同じ。
d0212994_21473093.jpg


場所を変えて焦点域ごとの解像度を確認する。絞りはF8固定。撮影距離は地図上で約70m。
18mmワイ端。
d0212994_21533411.jpg

ズーム中間域の100mm前後。
d0212994_21534847.jpg

270mmテレ端。
d0212994_2154378.jpg


テレ端の等倍クロップ比較。
絞り開放のF6.3。細部はやはり甘め。全体リサイズなら問題なしだが、シビアに追い込むなら少し絞って撮るべし。
d0212994_21575584.jpg

F8だと解像度が上がる。自販機の「ブレんなよ!」の文字が読みやすい。もちろん手ぶれ補正オンなのでブレません。
d0212994_215894.jpg


ビネッティングの様子。ワイ端、絞り開放 (F3.5) では若干の周辺光量低下が見られる。
d0212994_21582653.jpg

F5 まで絞ればほぼ問題ないレベルにまで改善する。F8でビネッティングは完全に消失する。
d0212994_2158451.jpg


上と同じ構図でテレ端までズーム。撮影距離は地図上で約200m。
なかなか良く写るようになった。これは使えそうなレンズだ。
d0212994_2159493.jpg

d0212994_21591559.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:50 | レンズ
2011年 11月 16日

Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD テスト

リニューアルしてコンパクト化、高性能化を果たした Tamron 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)。15倍という高倍率と、ピエゾモーターを使ったAFが目玉だ。高倍率ズームズムレンズは、以前 PENTAX K10D に付けていた DA18-250mm(売却済み)というレンズを良く使っていた。これは Tamron から PENTAX に OEM 供給されていたレンズで、中身は Tamron 18-250mm そのものである。現在はディスコンとなっており、現行の PENTAX 用高倍率ズームレンズは Sigma 18-250mm OS HSM しか存在しない。

自分はどうしても新しい Tamron B008 を使ってみたかったので、結局 Canon 7D 用として購入した。従来モデルより小型化され、ピエゾ素子を使ったモーターによる静かで高速な AF、効きの大きい手ぶれ補正 VC に期待していた。7D用には標準ズームとして Tamron 17-50mm/F2.8 という極めて優れたハイコストパフォーマンスレンズを持っていたので、高倍率ズームも迷わず Tamron 指名買いだった。
d0212994_2154933.jpg

大柄なボディの7Dには旧型の大きな鏡胴の方が重量バランス的にマッチするように感じるのだが、小型軽量化された新型を好む人の方が多いようだ。フードを付けるとそれなりに見栄えがする。
d0212994_2161561.jpg

AFは爆速ではないが、無音でススッと小気味良く合う。PENTAX レンズの SDM(超音波モーター) の動作に似ている。さすがに Canon EF70-200mm/F2.8 のリング USM のような爆速AFと比べると動作速度は劣るが、実用上不満はない。
d0212994_2162743.jpg


試しに色々試写してみたが、どうも描写がおかしい。全体にもっさりした感じでエッジが甘い。
アオサギの羽毛は全く解像していない。これでは安物のコンデジ並だ。
アオサギの頭にこんなツノみたいな羽毛って、あったっけ?
d0212994_2116034.jpg

遠景だと一見シャープに見えるが、等倍表示するとピントがどこにも合っていないようだ。
d0212994_21161732.jpg

近景だとさらに顕著で、葉脈が解像されていないのが分かる。
d0212994_21165075.jpg

ズーム域の広さはかなり便利だ。これは遠景を望遠で撮り、圧縮効果を狙った。
d0212994_2117289.jpg

看板も等倍でチェックすると細部が甘い。もしかして自分の評価がシビアすぎるのか? 所詮便利ズームだから画質を期待するのは酷な話か?
d0212994_21172096.jpg

それでもまあまあ解像している写真もある。う〜む、不思議だ。
d0212994_211732100.jpg

紅葉も何枚か撮ると、3枚に1枚くらいはまあまあシャープな画像が得られるが、どうも不安定だ。
d0212994_21174935.jpg

極めつけはこの写真。ピントは来ないが、これでピンときた(笑)。このレンズはわずかにピンズレしているのだ。
d0212994_2118950.jpg

確認のために夜景も撮ってみる。やはり細部はかなり甘い。おそらく前ピン状態だろう。そうと分かれば話は早い。7DにはAFマイクロアジャストメント機能があり、ボディを一括調整またはレンズ毎に個別調整することが可能だ。
d0212994_2118458.jpg

d0212994_2119869.jpg

d0212994_21192679.jpg

d0212994_21194062.jpg

AF微調整の結果は次のブログにて・・・
果たしてバチピンのキレキレ描写をモノにすることは出来るのか?
[PR]

by vision42 | 2011-11-16 21:20 | レンズ