タグ:ULTRON 40mm/F2 ( 2 ) タグの人気記事


2011年 08月 29日

ULTRON 40mm/F2 SLII 試写

画像は全てJPEG, 16M, ★★★の設定。F2開放ではピントはシビアだが、ツボにはまれば面白い。
実用上はF2.8以上が無難。F5あたりの描写が一番クリアだ。

F2
d0212994_2054154.jpg

F5
d0212994_20541371.jpg


F2
d0212994_20535173.jpg

F2.8
d0212994_20533756.jpg

F5
d0212994_20531988.jpg

F8
d0212994_2053293.jpg


絞りを1段ずつ変化させて、被写界深度の変化を調べた。
F2
d0212994_2052525.jpg

F2.8
d0212994_20515566.jpg

F4
d0212994_20514624.jpg

F5.6
d0212994_20513794.jpg

F8
d0212994_20512363.jpg


F5固定でスナップ
d0212994_20543670.jpg

d0212994_20545694.jpg

d0212994_20551077.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-08-29 20:42 | レンズ
2011年 08月 29日

COSINA Foigtlaender ULTRON 40mm/F2 SLII

知る人ぞ知る、手頃なMFパンケーキレンズ、フォクトレンダー・ウルトロン40mm/F2。KA マウントは既にディスコンなので、流通在庫が払底したら新品で入手することは不可能になる。フジヤカメラで在庫限りとなっていたので、注文した。この焦点域のレンズは DA40mm/F2.8, FA43mm/F1.9 と重なるので紛らわしいが、それぞれ描写傾向が違うので使い分け出来るだろう。

FA43mm/F1.9を付けたK-x。
d0212994_21192964.jpg

これはDA40mm/F2.8。APS-C専用となる。薄さでいえばこれが一番。まさにパンケーキだ。
d0212994_2120187.jpg


デジタル専用で解像度と色乗りの良い DA40、フィルム時代からの繊細な描写で定評のある銘玉 FA43、濃密でしっとりした描写の ULTRON。50㎜よりもこの40㎜域の方が応用範囲が広い。K-x との組み合わせで DA21, DA35 との組み合わせで使うと楽しそうだ。F2の明るさを生かして室内スナップも面白い。

届いたので試写のためにK-5に付けて持ち出している。室内で撮った限りでは予想通りの描写でたいへん良い。開放で柔らかく、それでいて芯のあるボケ方。絞ればシャープになるのでコントロール範囲が広い。色乗りはしっとりして豊か。どちらかというと濃いめの色乗りだ。これならDA40, FA43と使い分け出来る。
d0212994_11383371.jpg


デザインはPENTAXのDA40と良く似ている。ドーム型フードのデザインは、DA40の方が格好良いと思う。金属ボディなのでやたら手にずっしりくる。やや重めに粘って回るヘリコイドはMFレンズらしくて良い。ヘリコイドのゴムローレットが外れやすいという報告もあったが、そんなにゆるゆるな感じではなく、かっちりしている。実売3~4万円の安いレンズなのに高級感が溢れており、パッケージまで上質だ。持っているだけでも良いモノ感がひしひし伝わってくる。
d0212994_11382276.jpg


付属の専用クローズアップレンズを付ければ最短撮影距離25cmまで寄れる。この25cmというのは撮像素子からの距離なので、実際のワーキングディスタンスはレンズ前玉から15~20cm程度だ。
d0212994_11381234.jpg

d0212994_11375567.jpg


凝ったレンズキャップが付くが、やや厚みがある。
MFでじっくり合わせて撮る感じなので速写性に欠けるが、よし撮るぞという気にさせてくれる。
d0212994_11374549.jpg

[PR]

by vision42 | 2011-08-29 11:38 | レンズ