タグ:X100 ( 9 ) タグの人気記事


2012年 03月 17日

京都・東山花灯路(続き) 〜Finepix X100 編

すっかり日が暮れ、足許も覚束ない暗さの中で竹灯籠の灯りだけをたよりに進む。ここまで暗いと X100 でも写らないのではないかと思いつつ、ISO3200 、絞り開放F2で撮影。結果はブレもなくAFをちゃんと合って撮影出来た。以後の撮影は全て ISO3200 での超高感度撮影を余儀なくされたが、手持ち撮影で何とか撮れた。手ぶれ補正もないのによく写るカメラだ。
d0212994_16501639.jpg

d0212994_16502770.jpg

d0212994_16503940.jpg

わずかに残る空のグラディーション。円山公園の枝垂れ桜がぼんやりとシルエットを映す。
d0212994_16504756.jpg

d0212994_16505522.jpg

京都のROHM社が全面提供するLEDが、今回の花灯路の原動力。
d0212994_1651844.jpg


円山公園隣のレストラン。中には入ったことがないが、外観が好きでよく撮影する。
d0212994_16512771.jpg

d0212994_16514427.jpg

d0212994_16515718.jpg

d0212994_16521330.jpg


巨大な祇園閣を眺めつつ、高台寺へ向かう。
d0212994_16522784.jpg

d0212994_16524132.jpg

d0212994_1653333.jpg

d0212994_16531724.jpg


高台寺夜間拝観。
d0212994_1654214.jpg

d0212994_16541598.jpg

d0212994_16543799.jpg

d0212994_16545297.jpg

d0212994_1655512.jpg


庭園のライトアップ。途中暗すぎて ISO3200 でも手ぶれ連発だったので、仕方なく ISO6400 に設定。水面への写り込みがぶれずに撮れた。ノイズも思ったほど目立たない。
d0212994_16552215.jpg

d0212994_16554312.jpg

d0212994_16555658.jpg

d0212994_16561682.jpg

d0212994_1657065.jpg

d0212994_1656431.jpg


竹林を抜けて下界に下りる。
d0212994_16592579.jpg

d0212994_16594148.jpg

d0212994_16595739.jpg

d0212994_1701794.jpg


一年坂、二年坂を通って八坂の塔へ向かう。
d0212994_1703723.jpg

d0212994_1705621.jpg

d0212994_1712227.jpg

d0212994_171388.jpg

d0212994_1715540.jpg

d0212994_1721191.jpg


八坂の塔。実に絵になる風情だ。
d0212994_1722373.jpg

d0212994_1723891.jpg

d0212994_1725687.jpg

d0212994_173996.jpg

d0212994_1732583.jpg

今日は店じまい。
d0212994_17339100.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-17 16:57 | 夜景
2012年 03月 12日

京都大学構内のレトロ建築 (by X100 BK)

言わずと知れた本部構内の時計台。
d0212994_20342287.jpg

そのそばにある診療所(保健管理センター)建物。なかなか良い感じのくたびれ方だ。
d0212994_20343595.jpg

事務棟は重要文化財指定の赤煉瓦。近年大規模な補修工事が行われたばかりだ。
d0212994_20344572.jpg

建物に囲まれた小さな中庭。
d0212994_2035685.jpg

d0212994_20351779.jpg

d0212994_20352948.jpg

空中へ続く扉(?!)
d0212994_20354036.jpg

実は天国に上る階段に続いているとか。扉を開いて外へ出たら・・・
d0212994_20354947.jpg

d0212994_2036299.jpg

d0212994_20361163.jpg

雨上がりの昼だったのだ。
d0212994_20363298.jpg

新と旧。
d0212994_20364646.jpg

d0212994_20365699.jpg

かわいい外観の建物。留学生用の教室らしい。
d0212994_20371057.jpg

裏庭。個人的になぜかこの空間が結構好きだ。
d0212994_20372272.jpg

裏庭にはリヤカーがいつも置いてある。
d0212994_20374734.jpg

F2.8 で。X100 は F4 あたりが一番シャープな解像を見せる。
d0212994_20375627.jpg

F2 開放で。激薄ピントだ。
d0212994_20382012.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-12 20:38 | 風景・建物
2012年 03月 11日

大阪・京都のレトロ建築 (by Fujifilm X100 BK)

大阪・渡辺橋近辺の建物。
d0212994_13234828.jpg

d0212994_13235967.jpg

d0212994_1324972.jpg

京阪渡辺橋駅構内をモノクロームで。
d0212994_13242136.jpg

Dレンジ100%
d0212994_13243516.jpg

Dレンジ400%
d0212994_13244432.jpg


京都市内・龍谷大学文学部学舎(重要文化財指定)。
小雨が降る中、傘をさしながら撮影した。
d0212994_13245880.jpg

d0212994_13253156.jpg

d0212994_13255091.jpg

d0212994_13262386.jpg


d0212994_13263855.jpg

d0212994_13265391.jpg

d0212994_13271181.jpg

d0212994_13272629.jpg

d0212994_1328020.jpg

d0212994_13281031.jpg

d0212994_13282239.jpg

d0212994_13283884.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-11 13:29 | 風景・建物
2012年 03月 11日

最近「超大吉」らしい (by Fujifilm X100 BK)

ダノンのヨーグルトを開けたら、3回連続で「超大吉」「大吉」「大吉」が出た。家族みんなで毎朝食べるヨーグルトなのに、自分だけ当たる不思議。どうやら本当に超大吉らしい。
d0212994_13172896.jpg

d0212994_13173877.jpg


d0212994_13175353.jpg

d0212994_1318452.jpg


d0212994_13182185.jpg

d0212994_13182812.jpg

d0212994_13183690.jpg

d0212994_13184450.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-11 13:22 | 雑記
2012年 03月 02日

X100 BK で街中スナップ

室内でマクロモードのテスト。
d0212994_9134298.jpg

d0212994_914429.jpg

Dレンジのテスト。これはDレンジ100%のものに Lightroom 3.6 で補正をかけたもの。
d0212994_9135663.jpg

Dレンジ100%
d0212994_9141775.jpg

Dレンジ200%
d0212994_914253.jpg

Dレンジ400%
d0212994_9143611.jpg

ISO6400で暗所ノイズの出方を確認。NR弱の設定で。
d0212994_9145359.jpg


なんばCITYで歩きながら撮影。
d0212994_915492.jpg

d0212994_9151795.jpg

d0212994_9152737.jpg

d0212994_9153945.jpg

d0212994_9155241.jpg

d0212994_916848.jpg

d0212994_9162617.jpg

d0212994_9163863.jpg

d0212994_9164748.jpg


d0212994_917715.jpg

d0212994_9171979.jpg

d0212994_9173550.jpg

d0212994_9174840.jpg

d0212994_918592.jpg

マクロで絞りを変えて比較。これはF2.8。
高コントラスト、ピント位置のシャープネスと背景のボケとのバランスが良いが、やや優等生的すぎる描写。
d0212994_9182266.jpg

絞り開放のF2.0で。個人的にはこちらが好み。ピント面が極薄なので、全体にフレアが出てソフトフォーカスっぽい描写になる。花を撮るならこちらの方が雰囲気があって良い。色乗りは淡く低コントラストだが、フィルムライクな柔らかさが素晴らしい。
d0212994_9183265.jpg

d0212994_9184789.jpg

フィルムシミュレーションはスタンダードの「Provia」。このままでも充分だが、青空や風景は「Velvia」が良いだろうし、人物や花などは「Astia」の方が良いだろう。
d0212994_919314.jpg

赤〜ピンク〜菫〜紫の色描写が抜群だ。
d0212994_9192059.jpg


夕景の描写。Auto WB に癖がなく、電球色光源でも過度に補正されすぎず、雰囲気のある色温度に設定される。ほぼ肉眼で見たままの描写といって良いだろう。
d0212994_9193431.jpg

d0212994_9195069.jpg

d0212994_92005.jpg

d0212994_9201422.jpg

d0212994_9203624.jpg


蛍光灯・水銀灯下でもバランスは崩れず、すっきりした気持ちの良い描写をみせる。
d0212994_920476.jpg

d0212994_9205946.jpg

d0212994_921963.jpg

d0212994_9211842.jpg

d0212994_9213050.jpg

d0212994_9214156.jpg


屋内の飲食街。レンズが明るいしノイズも少ないので、大胆に ISO を上げて撮影出来る。おかげで手ぶれ補正がなくても充分手持ちで綺麗に撮影出来る。画質を優先してあえて手ぶれ補正機能を搭載しなかったのは Fujifilm の英断だったと思う。
d0212994_922521.jpg

d0212994_9221723.jpg

d0212994_9223145.jpg

d0212994_9224030.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-03-02 09:22 | 風景・建物
2012年 02月 26日

X100 ノーマル vs ワイコン描写比較

手持ちのワイコンの中で X100 との組み合わせで唯一AFが効くのが RICOH GXR 用の DW-6 (x0.79)。 49→43mmステップダウンリング経由で装着する。
他にも Raynox, Olympus, トダ精光のワイコンや魚眼があるが、いずれも通常モードのAFは効かない(ピント調整範囲を超えてしまう)。ただしマクロモードにするとAFが使え、合焦速度は遅いが普通に撮影出来る。
d0212994_1283316.jpg

とりあえず近・中・遠景でノーマル(35mm)とワイコン装着(28mm)の描写を比較してみた。

まずは近景ノーマル
d0212994_12113556.jpg

近景ワイコン装着
d0212994_1212079.jpg

全体リサイズでは画質の差はあまり感じられない。室内で広い範囲を撮りたいときに、ワイコンは緊急用としてまあまあ使える画質だと思う。

中景ノーマル
d0212994_12133882.jpg

中景ワイコン装着
d0212994_1214381.jpg

ワイコン仕様で周辺部の甘さと流れが目立つ。

遠景ノーマル
d0212994_12145036.jpg

遠景ワイコン装着
d0212994_1215111.jpg

遠景も周辺部は甘いが、中央部は解像しているように見える。しかし・・・
ピント位置を等倍に拡大して検分すると、明らかな差が!

等倍比較(左ノーマル・右ワイコン)
d0212994_12124038.jpg

d0212994_12152773.jpg

d0212994_12153811.jpg


う〜ん、これは厳しい。画質を追求するならワイコンは不可。ただし記録用としては充分使える。全体リサイズもしくはA4までのプリント用途なら、まぁ許容範囲かなぁ・・・

28mm以下の広角撮影で高画質が欲しい場合は、X100で無理せずに GXR / GR Digital とワイコンを素直に使うのが吉、ということか。
[PR]

by vision42 | 2012-02-26 12:15 | レンズ
2012年 02月 25日

FINEPIX X100 BK とりあえず試写

F2
d0212994_21335992.jpg

F2
d0212994_21341655.jpg

F4
d0212994_21342796.jpg

F2
d0212994_21344051.jpg

F2
d0212994_21344996.jpg

F4
d0212994_2135040.jpg

F4
d0212994_21351021.jpg

F4
d0212994_21352313.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-25 21:35 | カメラ
2012年 02月 25日

FINEPIX X100 Black Limited Edition が来た

結局ミナピタ10%オフの通知は来なかったので、難波のキタムラに取りにいってきた。それでもミナピタカードの通常割引(5%)が適用されるので、多少は安い。永く使うつもりなので5年間保証にも加入した。

マットブラックのごつい外箱。これを開けると、さらに2段積みの化粧箱が出てくる。パッキングにもかなり気合いが入っている。
d0212994_1844991.jpg

世界限定10000台ということだが、意外にも若い番号のシリアルナンバー(930/10000)だった。
d0212994_185130.jpg

d0212994_1851268.jpg


シルバーモデルとはひと味違う、精悍な佇まい。見た目はクラシックだが、中身は最新鋭のテクノロジー満載というギャップが面白い。
d0212994_1852534.jpg

純正オプションの他にも色々とカスタマイズを施して、使いやすくした。
d0212994_1853791.jpg

液晶保護フィルムは使わず、ポリカーボネートのUN製LCDカバーを装着。
d0212994_1855227.jpg

HANSAのねじ込み式レリーズボタン、X100/X10専用のサムズアップ(親指置き)を装着。
d0212994_186283.jpg

押しにくいと評判(?)のOKボタンには、厚手のカーボンシートを紙パンチャーで切り抜き、貼り付けた。少し厚みが出たので十字キーと干渉することもなく、すんなり押せるようになった。
d0212994_1861788.jpg


純正フードに付属する巾着袋は何だか味気ないので、手持ちのジャンク品を物色。するとSONY製イヤホン付属のハードケースがぴったりだった。
d0212994_186298.jpg

d0212994_1864559.jpg

d0212994_187329.jpg

普段はフード入れに、フードを付けたときはレンズキャップを入れることにした。
d0212994_1871632.jpg


付属の純正メタルキャップ。
d0212994_1875881.jpg

持ち歩くときは紛失が怖いので、普段使いには汎用49mmプラキャップを付けることにした。
d0212994_1873586.jpg

GXR用ワイコンを 49→43 ステップダウンリング経由で付けてみたら、問題なく使えることが分かった。これ以外の手持ちのワイコンはAFが効かず、使えなかった。
d0212994_1874894.jpg

[PR]

by vision42 | 2012-02-25 18:08 | カメラ
2012年 02月 24日

Fujifilm X100 Black Limited Edition

個人的にちょっとした(良い)変化があったので、自分への記念として買うことにした Fujifilm FINEPIX X100 Black Limited Edition 。世界限定1万台(国内ではすでに完売)ということで、記念の品としても丁度良い。

一応発売前にキタムラに予約を入れてあったので、現物は確保してある。あとは店舗に受け取りに行くだけなのだが、まだ行けていない。
d0212994_1165510.jpg

シルバーのモデルにはあまり関心がなかったが、このブラックはすこぶる良い。ライカ M9 を強く意識したデザインだが、フジ独特のアイデア満載のカメラで面白そうだ。初期ロットで散見されたトラブルも改善されているようだし、遅いといわれているレスポンスも、ライカに比べればマシな方なので充分許容範囲内。
d0212994_117470.jpg

実はミナピタカード10%オフのセールを狙っているのだが、通知がまだ来ない。キタムラでの取り置き期限までにセールがあればそれを狙うが、もしなければ通常のミナピタカード5%オフでの購入となる。まあどちらでも良いのだが、安いに越したことはない。

永く手許に残しておきたいカメラなので、今回は5年間の延長保証に入っておこうと思う。
[PR]

by vision42 | 2012-02-24 11:16 | カメラ